こんばんは、IVです。

注目のカナダ金融政策決定会合。金利は予想通り1.75%で据え置きでしたが、声明では「緩和的な政策金利が引き続き正当化される」「新たなデータで政策の適切な対応を評価する」とし、これまでの「将来の利上げ時期について不確実性が増している」との利上げに関する文言を削除しています。市場では「想定よりハト派的な内容だった」と受け止められ、カナダドル売りが優勢となりました。

ただ、その後のポロズBOC総裁の「経済の見通しが改善すれば、利上げの可能性もある」「景気減速は一時的と予想」「経済の新しいデータに基づいた金融政策を強調するため、金利が中立的な水準に戻る必要性の言及を削除した」「経済は年後半に回復すると予想」との発言を受けてじわじわとカナダドルを買い戻す動きが入っています。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら