こんばんは、Dice-Kです。

注目の米小売売上高が近づいてきましたね。香港デモや米国との貿易摩擦など政治的なリスクに対する反応が一巡したほか、来週にFOMCが控えているとあって、ようやく米国の経済指標に注目が集まる状態になってきました。ドル円は米金利低下で上値が重くなっていますが、米10年債利回りは7日につけた2.0517%を下抜けると昨年9月につけた2.0144%付近まで目立った目処がないだけに、小売統計発表後の米金利の動向には注意が必要となります。なお、ドル円の下値目処は依然にもお話した107.80円のゾーンとなります。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら