こんにちは、Dice-Kです。

注目の豪準備銀行(RBA)の金融政策は予想通りの利下げ(1.25%→1.00%)。豪ドル米ドルは発表直後に0.6959米ドルまで下落しましたが、すぐに0.6987米ドルまで切り返しました。

この動きに関して、市場では 
1.利下げをある程度織り込んでいた 
2.声明文が早期の追加利下げを示唆する内容ではなかった 
などが理由とされているようです。

確かに声明文の最終段落(次回以降の金融政策について触れている部分)を見ると、前回から微妙な違いがありました。

Today's decision to lower the cash rate will help make further inroads into the spare capacity in the economy. It will assist with faster progress in reducing unemployment and achieve more assured progress towards the inflation target. The Board will continue to monitor developments in the labour market closely and adjust monetary policy( if needed )to support sustainable growth in the economy and the achievement of the inflation target over time.

()内の部分が前回からプラスされたところです。金融政策の調整(利下げ)について「必要であれば」と加えています。ここが大事だったということらしいのですが。。。うーむ、微妙な違いですね。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら