こんばんは。越後屋です。

すでに報じられている情報なんですが、次期ECB総裁候補としては、これまでは現独連銀総裁のバイトマン氏が有力とされていましたが、どうもラガルドIMF専務理事が候補に浮上し、すでにフランスとドイツが合意しているとのこと。え?ドイツも?単純にはバイトマン氏はタカ派、ラガルド氏はハト派という印象なので、こうなってくるとユーロ買いも躊躇することになりそう。。。。さてどうなるでしょうか。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら