おはようございます。越後屋です。

日銀決定会合の主な意見が発表されましたが、その中で

「米中貿易摩擦の影響を受けやすく、2%から距離のある日本こそ、経済・物価の下振れリスクに対する、いわゆる予防的金融緩和論を検討する必要があるのではないか」

という意見が出ましたが、これはおそらくFRBの模倣だと思いますが、そもそもFRBは引き締めしていたなかでの利下げなので予防は分かりますが、日銀は緩和しているなかでの緩和なので予防ではないのでは?素朴な意見です。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら