こんばんは、Dice-Kです。

ドル円は売りの流れが継続ですね。1月3日にフラッシュクラッシュが発生した時には、今年のドル円安値はここで決まりだと思っていたのですが、まさかの安値更新も迫ってきました。1月3日安値は各社によって違うと思いますが、一般的には104.87円付近となっています。その手前の105.00円にはそれなりに買い注文が控えている+OPも観測されていますが、市場が本気で下値を探りにきた場合、支えられるとは思えません。仮に年初来安値を更新したとして、その後にどのような反応を示すでしょうか。ストップをつけてさらに下押しか、下ヒゲをつけて一転上昇か、だらだらと戻りの鈍い動きが続くのか。いずれのシナリオもありそうなだけに、本日のNY時間はいろいろな覚悟をしておいた方が良さそうです。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら