こんばんは、Dice-Kです。

NY勢の参入後に「日銀は9月18-19日の政策決定会合で金融緩和の是非について議論する」との一部報道が伝わり、ドル円も107.50円付近まで上げましたが、反応は一時的なようです。意地の悪い言い方をすれば、「追加緩和の是非についての議論は、今回に限らずいつもしているだろう」というようにも捉えられますし、インパクトは弱かったのかもしれません。緩和についての具体的な話が出てくるとまた別問題なのでしょうが、今の段階ではこんなものですかね。日銀絡みの報道は日本時間24時過ぎから日経新聞が報じるケースがよくありますので、来週の会合までは24時過ぎの動きにも注目です。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら