こんばんは。越後屋です。

欧州序盤から中盤にかけては、香港情勢の悪化などを受けて日米欧ともに株安が目立っていましたが、ADP前米雇用報告の前回値がまさかの大幅改善という結果が伝わると一転して株のショートカバー、円安・ドル安という流れになっています。ユーロ円などはすでに120円台前半から120円台後半まで反発という展開。どうも月初ということもあり、読めないですね。NY勢が一巡して考えても遅くはなさそうです。

FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
→ 【告知】ザイFX!と共同で今井雅人がメルマガを始めました!「FXプレミアム配信with今井雅人」 → 詳細はこちら