FXi24 今日の目線!

今井雅人(マット今井)・和田仁志・荻野金男が率いる、FXプロ集団のスーパーリアルコメント!

Dice-K

やりようのない市場

こんばんは、Dice-Kです。

本日はグッドフライデーで主要欧米市場が全て休場。クリスマス時のマーケットのような状態になっています。もっとも、政府機関や銀行などはお休みではないので、米住宅関連統計(あるいは米為替報告書も?)などは発表されますが、肝心の市場がこれでは反応のしようがなさそうです。週明け22日も主要市場では休場が多く、本格的な取引再開は23日まで待たなくてはいけません。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

独景気の減速に予想以上の注目が

こんにちは、Dice-Kです。

4月独製造業PMI速報値の発表(結果44.5、予想45.0)からユーロ売りの動きが目立っていますね。この指標は前月もきついユーロ売りを招いていましたが、予想とかなり乖離していた前月(結果44.7、予想48.0)と違って今月はさほどですからね。。。それだけ市場がドイツの景気減速具合に敏感ということなのでしょう。なお、ユーロドルですが、次は10日安値の1.1230ドルがターゲットになりそうです。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

市場の注目は明日の重要指標に

こんばんは、Dice-Kです。

比較的大人しめの欧州時間ですね。独経済省がGDP見通しを引き下げたことでユーロの上値が重くなった程度で、他に大きな動きは見られていません。この後は米貿易収支が控えているのですが、どちらかと言えば米重要指標が目白押し(小売売上高やフィリー指数)である明日の方に注目は集まりがち。本日は株価と金利につれる程度の動きにとどまるかもしれません。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

ユーロ売りだが、ネタが弱いような・・・

こんばんは、Dice-Kです。

比較的穏やかだった欧州市場ですが、ここにきてユーロ売りが優勢となっています。ロイター通信が「複数のECBメンバーは今年後半に成長が持ち直すとの見通しに懸念を持っている」と報じたことがきっかけになったようです。うーむ、ネタとしては弱いような気がしますが、ユーロの継続的な売り材料となるか、もう少し様子を見てみましょう。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

ドル円、逆三尊が完成間近?

こんにちは、Dice-Kです。

午前の東京時間は特に材料がなかったにもかかわらず、ユーロ買いが目立ちました。ドル円もユーロ円などの上昇につれて5日高値の111.82円に面合わせするなど堅調に推移。チャート的には112.00円付近をネックラインとする逆三尊(ヘッドアンドショルダーズボトム)のような格好ですね。このチャートパターンは一般的に下位に出た時にトレンドの転換を示唆するものなので、今回のケースでどの程度当てになるかは何とも言えませんが、ネックラインの112.00円付近をしっかり上抜けてくればショルダー分(約1円)ぐらいは取れるかな・・・と。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

本邦勢の反応は参考にならないかも

こんにちは、Dice-Kです。

日本時間の朝方まで続いていた臨時EU首脳会議は、英国のEU離脱延期で合意(10月31日まで延長)。その後の記者会見に現れた各国首脳もトーンの差はあれど、合意なき離脱は避けようとする意思は見せていたようです。ひとまずは直近の期限切れを回避したブレグジット問題ですが、期限延期は想定済みだったからか、アジア時間では全くと言っていいほど材料視されていません。もっとも、本邦勢が動かないからといって、この材料はもう仕舞いと判断するのは早いかもしれません。欧州時間に入ると改めて材料視され・・・という展開も過去に度々起こっていますので、欧州勢の参入までは注意が必要です。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

豪ドルがRBA副総裁の発言後に上昇

こんにちは、Dice-Kです。

アジア時間の為替市場はいつも通りの平穏でしたが、唯一豪ドルの上昇が目立ちました。デベルRBA(豪準備銀行)副総裁の発言後に豪ドルが反発。副総裁の発言自体は「必要ならば利下げも可能」などと述べているようにタカ派というわけではないのですが、市場の反応は「期待したほどハト派ではなかった」です。大半のエコノミストが今年の夏にもRBAの利下げを予想しており、少々のハト派発言では物足りなくなっている感じがします。もっとも、アジア時間の動きはそろそろ終了。豪ドルが対ドルなどでさらに上昇するかは欧州・米国時間のドルの方向次第となりそうです。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
最終的な投資判断はお客様ご自身の判断でなさるようお願いします。内容については正確性、信頼性、安全性の確保に努めておりますが、保証するものではありません。この情報に基づくいかなる損害についても株式会社DZHフィナンシャルリサーチは責任を一切負いかねます。すべての情報は、株式会社DZHフィナンシャルリサーチが著作権を有しています。許可なく転用、複製、複写、改変、販売することは重大な法律違反となります。
スポンサードリンク




広告







最新記事
関連ブログ




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

広告
スポンサードリンク




Follow me.



広告









記者紹介




心理学などを駆使した独自の手法で17年間1年もマイナスなく勝ち続けた常勝トレーダー。内外の投資家にも太いパイプを持つ。元東京外為市場委員会委員、東京フォレックスクラブ理事歴任。



1968年長野県生まれ。立命館大学卒業後、米シティバンク・英スタンダードチャータード銀行で十数年間に渡りインターバンクディーラーとして一線で活躍。その後は、証券会社などで外国為替証拠金業務を立ち上げるなど、当業界にも精通している。 2006年8月からはニューヨークからホットな金融情報を提供する。2008年5月よりグローバルインフォの代表取締役社長に就任。



1974年、英国バークレーズ銀行東京支店入行後、同行初の日本人チーフ・ディーラーを勤め、ゴールドマン・サックス証券、英国ミッドランド銀行、香港上海銀行(HSBC)で外国為替部門の要職を歴任。その後はT&Cフイナンシャルリサーチ取締役編集長を務め、2011年8月より、グローバルインフォ(株)取締役に就任。



インプライド・ボラティリティに魅せられたIVです。好きな通貨はNZドルです。



1982年山口県生まれ。九州大学卒業後、FX会社に入社。元外銀ディーラーから為替の基礎を学ぶ。カバーディールや決済業務、情報配信を担当。ディーラー同士のつながりから和田と縁があり、グローバルインフォに記者として入社。



豪ドル円で三振の山を築いた嫌な経験がありますが、それでも豪ドルの魅力には抗えません。オセアニア通貨の良さを伝えていきます。



ニックネームは「越後屋」。福井県出身。為替と体重の動向に注視してます。



にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


為替・FX ブログランキングへ

FX

ブログランキング

【今日の目線/相互リンク受付】


記事検索
  • ライブドアブログ