FXi24 今日の目線!

今井雅人(マット今井)・和田仁志・荻野金男が率いる、FXプロ集団のスーパーリアルコメント!

Dice-K

ユーロドルはしっかり ただ、長い目で見ると

こんばんは、Dice-Kです。

ユーロドルは欧州時間に入って上昇。特に大きな材料はなかったのですが、1.1000ドル付近に観測されていたストップロス注文をまとめて刈り取って、1.1020ドルまで値を上げています。
さて、次のターゲットは・・といきたいところですが、長い視点で見ると6月からの下落トレンドが継続中。あまり、調子に乗るのは危険かもしれません。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

バカみたいな流れ

こんばんは、Dice-Kです。

昨日は散々にお互いを貶しあったEUと英国、中国と米国が今日は譲歩の姿勢ですか。相場は昨日から一転してリスクオンに傾いているようですが、正直こんな相場に付き合わされるのは堪ったもんじゃないですね。こうした材料に飛びつくとろくな事がないので気をつけましょう。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

ユーロドル、再び1.1000ドルにトライ

こんばんは、Dice-Kです。

比較的穏やかな欧州時間でしたが、ここにきてユーロがしっかりです。ユーロドルは一時1.0995ドルまで上昇。月初から下値を切り上げる動きが続いており、先週上値を抑えられた1.1000ドルへの挑戦を再び始めたようです。同水準を上抜けると1.11ドル付近まで上値余地が広がるだけに注目ですね。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

基本的にはドル売り勝負で

こんにちは、Dice-Kです。

今週は結局米指標ばかりを気にする1週間となってしまいましたね。本日は〆となる米雇用統計の発表です。正直出たとこ勝負の感は否めませんが、現状の相場の流れは月末のFOMCをにらみながら着実にドル売り方向へと向かっています。こうした現状を考えると、米雇用統計に関しては多少強い結果が出たところでドル買いでの反応は一時的かな・・・と。個人的にはむしろドルの頭を叩く絶好の売り場として勝負しようと思っています。

米雇用統計が
・非常弱い~予想通り~強い場合はドル売りで勝負
・非常に強い場合のみ、相場の反応をうかがう
というイメージです。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

本日はADPに注目

こんばんは、Dice-Kです。

欧州時間も為替市場は総じてリスクオフの流れですね。さらに昨日の今日ということもあり、米経済指標に対する警戒感はかなり強いもようです。本日の注目は21時15分発表の9月ADP全米雇用報告。いつもですと大きな反応は見られない指標ではありますが、本日は要注意です。なお、市場予想は14.0万人となっています。



FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

本日も注目はロンドンフィキシング

こんにちは、Dice-Kです。

ドル円は株安の影響もあってさえない展開が続いているようです。もっとも、月末・期末が近づいていることもあり、この後は期末絡みのフローに注意が必要となります。特に注意しなければいけないのは、ロンドン16時(日本時間24時)のフィキシング前後の動きですね。ここ数日はフィキシングにかけてドル買いのフローが目立っていましたが、本日もあるのでしょうか。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

2日連続で米中絡みの報道、反応は一時的

こんにちは、Dice-Kです。

関係者筋の話として「中国が米国産豚肉の購入拡大を準備している」との一部報道が伝わり、午前の為替市場はややリスクオンに傾きました。もっとも、この米中絡みの報道は昨日も「中国は米国産の大豆購入について関税を免除」というものがありましたが、続報がなく、反応も長続きしませんでした。今回もそうだろうと、ここまで書いているうちに豪ドル円やドル円などはだいぶ上げ幅を消してきたようですね。今回はむしろ「絶好の戻り売りの場」として捉えられた感もありそうです。




FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
最終的な投資判断はお客様ご自身の判断でなさるようお願いします。内容については正確性、信頼性、安全性の確保に努めておりますが、保証するものではありません。この情報に基づくいかなる損害についても株式会社DZHフィナンシャルリサーチは責任を一切負いかねます。すべての情報は、株式会社DZHフィナンシャルリサーチが著作権を有しています。許可なく転用、複製、複写、改変、販売することは重大な法律違反となります。
スポンサードリンク




広告







関連ブログ




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

広告
スポンサードリンク




Follow me.



広告









記者紹介




心理学などを駆使した独自の手法で17年間1年もマイナスなく勝ち続けた常勝トレーダー。内外の投資家にも太いパイプを持つ。元東京外為市場委員会委員、東京フォレックスクラブ理事歴任。



1968年長野県生まれ。立命館大学卒業後、米シティバンク・英スタンダードチャータード銀行で十数年間に渡りインターバンクディーラーとして一線で活躍。その後は、証券会社などで外国為替証拠金業務を立ち上げるなど、当業界にも精通している。 2006年8月からはニューヨークからホットな金融情報を提供する。2008年5月よりグローバルインフォの代表取締役社長に就任。



1974年、英国バークレーズ銀行東京支店入行後、同行初の日本人チーフ・ディーラーを勤め、ゴールドマン・サックス証券、英国ミッドランド銀行、香港上海銀行(HSBC)で外国為替部門の要職を歴任。その後はT&Cフイナンシャルリサーチ取締役編集長を務め、2011年8月より、グローバルインフォ(株)取締役に就任。



インプライド・ボラティリティに魅せられたIVです。好きな通貨はNZドルです。



1982年山口県生まれ。九州大学卒業後、FX会社に入社。元外銀ディーラーから為替の基礎を学ぶ。カバーディールや決済業務、情報配信を担当。ディーラー同士のつながりから和田と縁があり、グローバルインフォに記者として入社。



豪ドル円で三振の山を築いた嫌な経験がありますが、それでも豪ドルの魅力には抗えません。オセアニア通貨の良さを伝えていきます。



ニックネームは「越後屋」。福井県出身。為替と体重の動向に注視してます。



にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


為替・FX ブログランキングへ

FX

ブログランキング

【今日の目線/相互リンク受付】


記事検索
  • ライブドアブログ