FXi24 今日の目線!

今井雅人(マット今井)・和田仁志・荻野金男が率いる、FXプロ集団のスーパーリアルコメント!

タマラ

トンビニ・ブラジル中銀総裁はまたもレアル相場を支える発言

皆様、こんにちは、Tamaraです

トンビニブラジル総裁は24日の議会証言で「中銀が実施している600億ドルの為替介入計画は交換的な結果をもたらし始めた」と述べ、ドル売り介入を維持する姿勢を再確認した。この発言がレアル相場の買い材料として意識されている。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

南アではまたも労使交渉が困難。今回はガソリンスタンド、自動車関連部門

皆様、こんにちは、Tamaraです

9月3日から続いている南アガソリンスタンドや自動車関連企業の従業員のストは労働組合と経営団体代表との交渉が難航しているため、同国政府が23日に交渉に加わった。現時点でストに参加している従業員の人数が7万人以上となっており、規模が大きいストとなった。労働組合が要求しているのが2桁以上の賃上げだが、国内インフレ率が中銀のターゲットを上回っている状況を考えれば、政府がこのような大幅な賃上げの実例をつくることが避けたいだろう。現時点で南ア市場への影響が限定的であるが、和解案の内容次第でインフレ圧力懸念が高まる可能性を排除できない。関連の報道に注目したいところだ。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

トンビニブラジル中銀総裁、レアルを維持する方針を再確認

皆様、こんにちは、Tamaraです

トンビニブラジル総裁は23日に行われた記者会見で米国の量的緩和策の変更によるブラジル金融・財政状況への影響のリスクを抑える意向を強い口調で示した。この発言を受けて、「ブラジル金融当局がレアル安対策を維持する」との見方が広がり、先週末のマンテガ財相の発言の後に台頭したブラジル中銀のドル売り介入計画が修正される懸念が後退した。 ドル・レアルは週明けに再び軟調に推移し、先週に付けた3ヶ月ぶりの安値2.179レアルを試す雰囲気が伝わっている。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

SARBはインフレ圧力の焦点を確認

皆様、こんにちは、Tamaraです

南ア準備銀行は20日、主要政策金利を市場の予想通りで5.0%に据え置いたが、マーカス総裁は金融政策委員会後に行われた会見で「インフレ圧力が更に高まれば、弱い経済成長にもかかわらず利上げに踏み切る可能性がある」と指摘した。また声明文の中では2013年インフレ予想が前回の5.8%から5.9%に上方修正されたこともあり、ややタカ派的な方向に傾きやすい雰囲気が伝わった。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

ブラジルレアル相場、マンテガ財相の発言で上値が重くなったが...

皆様、こんにちは、Tamaraです

ブラジルのマンテガ財務相は19日、「ブラジル中銀の為替介入プログラムが柔軟であり、変更の余地がある」と述べたことを受けて、市場では中銀が先月に発表した600億ドルのドル売り介入計画の規模が見直されるのではとの憶測が台頭しており、レアル相場はドルを中心に上値が重くなっている。ドル・レアルはFOMCの発表で付けた安値2.179レアルから2.213レアルまで買い戻された。

ただ、今回の発言は中銀関係者が述べた訳ではなく、ブラジル政府がレアル安を容認したこととして受け取りにくい。マンテガ財相は、おそらく、政府が現在の為替水準に対して満足しているとのシグナルを送りたかったのではなかろうか。そのため、ドル・レアルは当面2.30レアル台を回復することが難しいと想定する。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

SARBの政策金利決定:大きなサプライズがなさそうだ

皆様、こんにちは、Tamaraです

南アフリカ準備銀行(南ア中央銀行、SARB)は今晩、主要政策金利を発表する。17日に発表された8月南アCPIは前年比6.4%と、7月の6.3%より強い数値となったほか、SARBのインフレターゲット上限である6.0%を上回ったものの、今晩の決定で大きなサプライズを期待できないだろう。国内インフレ圧力を支える主因として主要通貨に対してランド安が進んだことが挙げられているが、ランド相場が今月に入りドルを中心に買い戻されており、今晩の決定が緊急利上げになることが考えにくい。ただ、声明文の中ではインフレ圧力への懸念を示す発言が出て来そうで、ややタカ派的なトンの内容となるだろう。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

ノルゲバンク、本日17時に政策金利を発表

皆様、こんにちは、Tamaraです

ノルウェー中銀の金融政策委員会は本日17時に主要政策金利の決定を発表する。市場では現行の1.5%が据え置かれるとの予想が根強いが、焦点となるのが声明文の内容だ。先月の金融政策委員会は市場予想に反して年内の利下げの可能性を示唆する発言を声明文から排除しなかった影響でクローネが売り圧力が高まる場面が目立った。その後、8月ノルウェー消費者物価指数が市場予想を大幅に上回ったことをきっかけに金融引き締めへの転換に対する期待が再燃した。「ノルウェー金融当局は今晩、前回に指摘した時期より早く金融引き締めに取り組む可能性を示唆するのでは」との見方を示す市場関係者が多いため、クローネ相場全般はドルを中心に底堅く推移している。 ノルゲバンクが今晩こそ市場予想を裏切らなければ、クローネ・円相場は上値で17.0円を試すだろう。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
最終的な投資判断はお客様ご自身の判断でなさるようお願いします。内容については正確性、信頼性、安全性の確保に努めておりますが、保証するものではありません。この情報に基づくいかなる損害についても株式会社DZHフィナンシャルリサーチは責任を一切負いかねます。すべての情報は、株式会社DZHフィナンシャルリサーチが著作権を有しています。許可なく転用、複製、複写、改変、販売することは重大な法律違反となります。
スポンサードリンク




広告







関連ブログ




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

広告
スポンサードリンク




Follow me.



広告







記者紹介




心理学などを駆使した独自の手法で17年間1年もマイナスなく勝ち続けた常勝トレーダー。内外の投資家にも太いパイプを持つ。元東京外為市場委員会委員、東京フォレックスクラブ理事歴任。



1968年長野県生まれ。立命館大学卒業後、米シティバンク・英スタンダードチャータード銀行で十数年間に渡りインターバンクディーラーとして一線で活躍。その後は、証券会社などで外国為替証拠金業務を立ち上げるなど、当業界にも精通している。 2006年8月からはニューヨークからホットな金融情報を提供する。2008年5月よりグローバルインフォの代表取締役社長に就任。



1974年、英国バークレーズ銀行東京支店入行後、同行初の日本人チーフ・ディーラーを勤め、ゴールドマン・サックス証券、英国ミッドランド銀行、香港上海銀行(HSBC)で外国為替部門の要職を歴任。その後はT&Cフイナンシャルリサーチ取締役編集長を務め、2011年8月より、グローバルインフォ(株)取締役に就任。



インプライド・ボラティリティに魅せられたIVです。好きな通貨はNZドルです。



1982年山口県生まれ。九州大学卒業後、FX会社に入社。元外銀ディーラーから為替の基礎を学ぶ。カバーディールや決済業務、情報配信を担当。ディーラー同士のつながりから和田と縁があり、グローバルインフォに記者として入社。



豪ドル円で三振の山を築いた嫌な経験がありますが、それでも豪ドルの魅力には抗えません。オセアニア通貨の良さを伝えていきます。



ニックネームは「越後屋」。福井県出身。為替と体重の動向に注視してます。



にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


為替・FX ブログランキングへ

FX

ブログランキング

【今日の目線/相互リンク受付】


記事検索
  • ライブドアブログ