FXi24 今日の目線!

今井雅人(マット今井)・和田仁志・荻野金男が率いる、FXプロ集団のスーパーリアルコメント!

越後屋

ECBのユーロ流動性供給ファシリティ開設で相場が動く

こんばんは。越後屋です。

ECBが突然、ユーロ流動性供給ファシリティを開設すると発表。これはFRBが3月にやったことと同じことで、ユーロ圏以外の中銀にももれなくユーロを提供するという動き。これを受けて独DAXは急反発。リスクオフから一転リスクオンとなっています。そして落ち着くと今度はユーロ売り。さてさて、ユーロがそろそろ下げるパターンがくるのか。





FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

結局全戻し

こんばんは。越後屋です。

東京市場は久しぶりの乱高下となったわけですが、欧州・NY序盤にさしかかると結局はドル円は全戻しという展開。株高によるドル安が加速しているという状況です。ドル円はもう救いようがないくらいやりづらい通貨となっています。いったい何がしたいのか、主体性がない。まあ、ストレート通貨をやるのが一番効率がよさそうですね。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

週明け、様子見ムード強い

こんばんは。越後屋です。

週明けの為替市場、特段何もなく淡々と欧州時間中盤に入ろうとしています。週明け早朝のオセアニアではリスクオフで攻める動きとなりましたが、それも続かず、東京・欧州序盤ではその巻き戻しとなり、NY勢の本格参入を前に動きも一服するなど結局は元の水準まで戻しているという状況。そろそろ、新たな材料を模索する展開となり、様々な要因が潜んではいますが、様子見という姿勢を取っているようです。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

結局はもとの水準へ

こんにちは。越後屋です。

東京午前には株安と円買いの仕掛け的な動きが持ち込まれたことでややリスクオフムードとなりましたが、結局は長い筋ではなく、短期売買を主流とする筋なので、下がないと思ったらすぐさま反対売買という展開。欧州市場に入りましたが、どの通貨も昨日のNY前とほぼほぼ変われない水準での推移となっています。この後もリスクセンチメントが市場を支配するとは思いますが、どうも流れが読めないまま週末に差し掛かっています。休むも相場か。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

トランプ砲と日銀砲?

こんにちは。越後屋です。

どうせ海外時間の調整しかない東京市場と甘く見ていましたが、11時30分を過ぎて突如、株高・円安が進みました。要因としては、まず「米政権が1兆ドルのインフラ支出検討へ」との一部報道が流れてダウ先物が一段高となったこと。その報道の直後に日銀がいつもより早い金融政策発表を行い、コロナ対応特別プログラム枠を110兆円まで拡大することを発表。この、トランプ砲と日銀砲があわさったことでお寒かった東京市場にリスクオンの熱を呼び起こしてくれました。ただ、長持ちするかどうかは別。後場の株価をにらみながら継続するかどうかを見極めたいところです。




FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

第2波への警戒感から株価大幅安

こんばんは。越後屋です。

東京市場、久しぶりに株式相場が大きく崩れる展開となりました。きっかけは何かというと、週末の米国での黒人男性死亡でさらなる抗議デモへの警戒感、それに加えて中国・北京での新型肺炎拡大という「第2波」への不安ですかね。どちらかというと北京がサプライズだったかもしれませんが、待ちに待ったといわんばかりの株ショーターが元気よく売っているという状況。為替相場はドル高・円高。ドル円は下がって戻したというこれまたどうしようもない動き。やはりストレート通貨かクロス円をやるのが賢明なのか。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

今日の欧米市場でも流れが続くか

こんにちは。越後屋です。

今週に入って週初にFOMCでのYCC議論話が出て以降、ずっとドル安が続き、ドル円に関してはわずか3日間で109.70円から107円までの大幅下落を見せました。これまではどうなるかという思惑からドル売りという地合いでしたが、昨日FOMCがゼロ金利を22年末まで続け、YCCなどのあらゆる手段を議論すると示した今、欧米市場はこれまでの流れを続けるのか、はたまた材料出尽くしとしてドルの反転が見られるのか、本日の欧米市場はそういった意味でも重要そうです。




FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
最終的な投資判断はお客様ご自身の判断でなさるようお願いします。内容については正確性、信頼性、安全性の確保に努めておりますが、保証するものではありません。この情報に基づくいかなる損害についても株式会社DZHフィナンシャルリサーチは責任を一切負いかねます。すべての情報は、株式会社DZHフィナンシャルリサーチが著作権を有しています。許可なく転用、複製、複写、改変、販売することは重大な法律違反となります。
スポンサードリンク




広告







関連ブログ




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

広告
スポンサードリンク




Follow me.



広告







記者紹介




心理学などを駆使した独自の手法で17年間1年もマイナスなく勝ち続けた常勝トレーダー。内外の投資家にも太いパイプを持つ。元東京外為市場委員会委員、東京フォレックスクラブ理事歴任。



1968年長野県生まれ。立命館大学卒業後、米シティバンク・英スタンダードチャータード銀行で十数年間に渡りインターバンクディーラーとして一線で活躍。その後は、証券会社などで外国為替証拠金業務を立ち上げるなど、当業界にも精通している。 2006年8月からはニューヨークからホットな金融情報を提供する。2008年5月よりグローバルインフォの代表取締役社長に就任。



1974年、英国バークレーズ銀行東京支店入行後、同行初の日本人チーフ・ディーラーを勤め、ゴールドマン・サックス証券、英国ミッドランド銀行、香港上海銀行(HSBC)で外国為替部門の要職を歴任。その後はT&Cフイナンシャルリサーチ取締役編集長を務め、2011年8月より、グローバルインフォ(株)取締役に就任。



インプライド・ボラティリティに魅せられたIVです。好きな通貨はNZドルです。



1982年山口県生まれ。九州大学卒業後、FX会社に入社。元外銀ディーラーから為替の基礎を学ぶ。カバーディールや決済業務、情報配信を担当。ディーラー同士のつながりから和田と縁があり、グローバルインフォに記者として入社。



豪ドル円で三振の山を築いた嫌な経験がありますが、それでも豪ドルの魅力には抗えません。オセアニア通貨の良さを伝えていきます。



ニックネームは「越後屋」。福井県出身。為替と体重の動向に注視してます。



にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


為替・FX ブログランキングへ

FX

ブログランキング

【今日の目線/相互リンク受付】


記事検索
  • ライブドアブログ