FXi24 今日の目線!

今井雅人(マット今井)・和田仁志・荻野金男が率いる、FXプロ集団のスーパーリアルコメント!

アルゼンチン

アルゼンチン、通貨防衛のためIMFに支援を要請

こんにちは、Dice-Kです。

アルゼンチンのマクリ大統領は8日、通貨ペソを防衛するために国際通貨基金(IMF)に対して支援を要請したと発表しました。米国が利上げを続けるなか、足もとでは新興国からの資金流出が続いており、アルゼンチンペソも対ドルで大幅に下落。アルゼンチン中銀は通貨安への対応として4月27日と5月3日、4日に連続利上げを実施し政策金利を40%まで引き上げたものの、8日にはドル・ペソが一時23.2507ペソと過去最高値を更新するなど通貨安に歯止めがきかない状態となっています。同国は2001年にデフォルトに陥り、IMFの支援を経て2016年に国際金融市場に復帰したばかりですが、再び試練を迎えていますね。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

アルゼンチン経済、景気後退局面を脱出

こんにちは、Dice-Kです。

アルゼンチンの国家統計センサス局は21日、10-12月期の国内総生産(GDP)が前期比0.5%増となったと発表。7-9月期分も0.2%減から0.1%増へと上方修正されており、同国経済が3四半期連続での景気後退局面から抜け出したことが分かりました。2015年12月に就任したマクリ大統領は財政赤字の削減と投資の促進を目指して、資本規制の廃止や補助金の削減などの改革を実施。今回の結果はこうした改革の成果とも言えますが、10月の中間選挙を控えて景気拡大が支持率の向上に寄与するか注目されます。なお、米格付け会社ムーディーズは6日に同国の格付け「B3」の見通しを「安定的」から「ポジティブ」に引き上げました。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

アルゼンチン・ペソが下落 経済財務相の解任で投資家が動揺

こんばんは、Dice-Kです。

 アルゼンチンのマクリ大統領は26日、プラットガイ経済財務相に辞任を要求。プラットガイ経済財務相は期待されていた景気回復を実現できず、就任から1年で解任されました。また、マクリ大統領は経済財務省を財務と金融の2部門に分割するなどの再編を進めることも発表。アルゼンチンではマクリ政権発足から1年を経ても巨額の財政赤字を抱えたまま、リセッションに陥っており、インフレ率も約40%に上昇しています。市場では「経済財務省の再編は政府の財政緊縮に対する大きな決意の表れ」との指摘もある一方、「大物閣僚の解任が外国人投資家の懸念材料になっている」との声も聞かれました。なお、アルゼンチン・ペソは26日に1.5%程度下落しました。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

アルゼンチン株、大幅安 CDSは清算巡り審議開催

こんにちは、IVです。

7月31日のアルゼンチン株式相場は大幅に下落しました。アルゼンチンの代表的株価指数のメルバル指数は前日比749.63ポイント(8.39%)安の8187.99で取引を終えています。アルゼンチンと債務再編に応じていない米ヘッジファンドの交渉が物別れに終わり、米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は同国の格付けを「選択的デフォルト(SD)」に引き下げましたが、同国経済への影響を懸念する売りが広がったようです。
なお、デリバティブ(金融派生商品)取引の業界団体である国際スワップデリバティブ協会(ISDA)は同日、アルゼンチンの債務に関し、デフォルト(債務不履行)に備えた保険の機能を持つ金融商品「クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)」を支払う理由が生じたかどうかを検討するため、1日に会合を開くと発表しています。仮に清算が決まった場合はCDSの売り手が損失の穴埋めを求められることになります。ただ、ヒアリングした限りでは「アルゼンチンについては大きな問題にならないだろう」とのこと。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

アルゼンチン株と通貨のチャートを見てみる

こんばんは、IVです。

きょうもマーケットは「リスク・オフ」方向で元気いっぱい!ただ、アルゼンチンの株価や通貨ペソを見ると「そんなにきょうは動いていない」という印象を受けました。そもそもアルゼンチンだけの問題ではないと思っていますし(中国やトルコなどの方がよっぽど懸念材料)、なぜか日経平均(先物含め)の方が下げているような感じです。ある市場参加者は「これぞテーパリング!」と鼻息荒く話していました。下はアルゼンチンの株価とドル・アルゼンチンペソのチャートです。

メルバル指数


ドル・ペソ



FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

アルゼンチンペソの下落が波及してリスクオフ

おはようございます。越後屋です。

昨日の海外市場の株安そしてドル円やクロス円の下落はすさまじいものがありましたね。まさかこのような展開になるとは想定していませんでした。アルゼンチン中銀が外貨準備額不足を背景にペソ買い介入を断念することを発表したことがきっかけとなっています。すでに日本の外貨準備額の2%ほどしか残っていないようですね。これを受けて、ドル・ペソは1ドル=8.2435ペソまで上昇しています。下はドルペソの日足チャートですが、上がりすぎてよく分かりません。新興国通貨ということでランドなどの下落もひどかったですね。昨日はトルコリラ中銀が介入を行いましたが、一時的な一服に過ぎず効果が無いようです。再び新興国市場の不安が世界的なリスクオフムードを広げていますが、一過性のものに終わればいいのですが。



FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
最終的な投資判断はお客様ご自身の判断でなさるようお願いします。内容については正確性、信頼性、安全性の確保に努めておりますが、保証するものではありません。この情報に基づくいかなる損害についても株式会社DZHフィナンシャルリサーチは責任を一切負いかねます。すべての情報は、株式会社DZHフィナンシャルリサーチが著作権を有しています。許可なく転用、複製、複写、改変、販売することは重大な法律違反となります。
スポンサードリンク




広告







最新記事
関連ブログ




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

広告
スポンサードリンク




Follow me.



広告









記者紹介




心理学などを駆使した独自の手法で17年間1年もマイナスなく勝ち続けた常勝トレーダー。内外の投資家にも太いパイプを持つ。元東京外為市場委員会委員、東京フォレックスクラブ理事歴任。



1968年長野県生まれ。立命館大学卒業後、米シティバンク・英スタンダードチャータード銀行で十数年間に渡りインターバンクディーラーとして一線で活躍。その後は、証券会社などで外国為替証拠金業務を立ち上げるなど、当業界にも精通している。 2006年8月からはニューヨークからホットな金融情報を提供する。2008年5月よりグローバルインフォの代表取締役社長に就任。



1974年、英国バークレーズ銀行東京支店入行後、同行初の日本人チーフ・ディーラーを勤め、ゴールドマン・サックス証券、英国ミッドランド銀行、香港上海銀行(HSBC)で外国為替部門の要職を歴任。その後はT&Cフイナンシャルリサーチ取締役編集長を務め、2011年8月より、グローバルインフォ(株)取締役に就任。



インプライド・ボラティリティに魅せられたIVです。好きな通貨はNZドルです。



1982年山口県生まれ。九州大学卒業後、FX会社に入社。元外銀ディーラーから為替の基礎を学ぶ。カバーディールや決済業務、情報配信を担当。ディーラー同士のつながりから和田と縁があり、グローバルインフォに記者として入社。



豪ドル円で三振の山を築いた嫌な経験がありますが、それでも豪ドルの魅力には抗えません。オセアニア通貨の良さを伝えていきます。



ニックネームは「越後屋」。福井県出身。為替と体重の動向に注視してます。



にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


為替・FX ブログランキングへ

FX

ブログランキング

【今日の目線/相互リンク受付】


記事検索
  • ライブドアブログ