GI24 今日の目線!

今井雅人(マット今井)・和田仁志・荻野金男が率いる、FXプロ集団のスーパーリアルコメント!

エルドアン

実権握ったエルドアン政権、一段の利下げ圧力懸念でリラ相場には暗雲

こんにちは。越後屋です。

 トルコで16日に行われた大統領の権限強化などを目指す憲法改正の是非を問う国民投票では賛成51.4%、反対48.6%と僅差で賛成が上回りました。これでエルドアン大統領は名実ともに行政の長となり、最低でも2029年まで国家指導者の地位で実権を振るうこととなりましたね。この結果に対しては高等選挙委員会が投票開始後に公式なスタンプが押されていない投票も有効とみなすとしたことが不正であると最大野党の共和人民党が主張したほか、国際投票監視団は「ジャーナリストの逮捕やメディア閉鎖など反対勢力を押し潰したことが不適切であり、国際基準を満たしていない」と表明。一部地域ではデモや治安当局との衝突が起きるなど投票自体の合法性を疑問視・不服とする声が多数出ています。ただ、それに対してエルドアン大統領は「身の程を知れ」と一蹴しており、現実的には選挙のやり直しなど結果が覆される可能性は非常に低い状況。今回改めてエルドアン大統領の国民からの支持の厚さが確認でき、短期的な政局不安が後退したとの見方から外国為替市場ではトルコリラ高が進み、ドル・リラは3.6188リラまで急落したほか、リラ円は29.97円まで上昇する場面があったが、リラ高は長続きしていません。

 その背景には投票結果の僅差が同国の分断を表しており、先行きの不透明感が浮き彫りになったことや17日に非常事態宣言の3回目の延長を決めたことが重しとなっているとの見方もありますが、中銀に対する一層の政治的圧力への懸念が大きいと見られています。トルコ中銀は先月の会合で政策金利を現行の8.00%に据え置いたものの、実質的な上限金利とされる後期流動性貸出金利を11.75%に引き上げました。声明でも現状のインフレ高を懸念し、見通しによってはさらなる追加的な引き締め策を講じる構えを示しましたが、先月末に発表された消費者物価指数(CPI)は前年比で11.29%と2008年10月以来の高水準を付け、中銀のインフレ目標である5%から上下2%の範囲を大きく上回りました。止まらないインフレ上昇を抑えるために積極的な利上げを推進したい中銀に対して実権を握ったエルドアン政権による利下げ圧力は今後相当な影響を及ぼすことは必至であり、リラ相場の雲行きは怪しいですね。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

オランダ下院選、トルコとの対立が極右政党に追い風も連立協議は難航か

こんばんは、フジモトです。

トルコ大統領の権限を強化する改憲案の是非を問う国民投票が4月16日に予定されるなか、チャブシオール外相は11日、オランダに約40万人在住するトルコ人に支持を呼び掛けるためロッテルダムのトルコ人政治集会に参加しようとしましたが、オランダ政府は入国を拒否しました。その理由について、15日に下院選を控えるなか「秩序と安全を保てない可能性がある」と説明しています。
 
トルコのエルドアン大統領は12日、「オランダ政府はファシストのようだ」「ナチスの残党」「代償を支払わせる」などと発言。13日にはクルトゥルムシュ副首相がオランダ外交使節の入国を禁止するなどの報復措置を表明しました。14日には大統領が追加制裁を示唆。今月上旬に複数のトルコ人政治集会を中止させたとして、メルケル独首相に対しても「圧力をかけている」と非難しました。
 
15日のオランダ下院選では、ルッテ首相率いる中道右派の自民党と反イスラムを掲げる極右の自由党が首位を争っていますが、トルコとの対立が自由党の追い風になるとの見方が浮上しています。もっとも、下院150議席のうち各党とも5分の1を超えない見通しで、連立協議の難航が予想されています。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

警戒ポジション構築?

こんばんは、フジモトです。

アジア時間終盤にかけて買われていたユーロが一転下落しています。4日のイタリア国民投票を控えてのことでしょうか。 ロイターの記事なども見ていますが、BREXIにトランプ次期米大統領と政治の波乱が続いており、警戒ポジションを構築しているのかもしれません。

一方で、先ほどエルドアン・トルコ大統領が以下のように発言しました。

「トルコリラや金は上昇すべき。海外の通貨ではない」
「利下げするほか解決法はない」
「高金利は金融セクターのみに利益をもたらす」

この発言のあとにトルコリラが史上最安値を更新しており、世界的な政局がうまく行っていないイメージにつながっている気はします。 


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

トルコ中銀は利下げも引き締め維持、政権からはゼロ金利の声も

こんばんは、フジモトです。

トルコ中銀は20日、政策金利を現行の8.25%から7.75%に引き下げたと発表。市場の据え置き予想に反した結果となりました。声明では「持続的なインフレ低下に対する慎重な取り組みが必要」「商品や特に原油価格がインフレの低下傾向を支えている」「インフレは2015年半ばに目標と一致する水準に近づく」「引き締め政策はインフレ見通しが著しく改善するまで維持される」などの見解が示されました。

12月トルコ消費者物価指数(CPI)は前年比8.17%と昨年2月以来の水準まで低下しており、足もとのインフレ低下に利下げで対応した格好です。また、トルコ中銀は16日、1月時点の年末までのインフレ見通しを前月の9.02%から6.82%に下方修正しています。急速なインフレ低下に注意しつつも、年内に目標の5.0%へ近づくよう引き締め的な金融政策を維持する姿勢です。

一方で、トルコ中銀は6月に議会総選挙を控えて利下げを要求する政治圧力に屈したとの見方も根強い模様。エルドアン大統領は16日に「世界中で利下げが行われているがトルコの中銀は動いていない。この状態が続くことはあり得ない」と発言していました。また、利下げ決定後、ウシュク科学産業技術相は「より大胆な利下げを期待していた」「ゼロ金利を望む」などと発言。クルトゥルムシュ副首相も「政策金利はさらに引き下げられるべき」「0.50%の利下げでは経済に恩恵がない」との考えを示しました。トルコ中銀とエルドアン政権の溝は依然として深いようです。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

トルコ炭鉱事故受け各地でデモ、リラは堅調地合い続くか

こんばんは、フジモトです。

トルコ西部マニサ県ソマで13日、炭鉱の爆発事故が発生しました。トルコ政府によると事故直後坑内に閉じ込められた787人のうち、一酸化炭素中毒などによる死者はこれまでに282人確認され、100人以上が依然として閉じ込められている模様です。

同国史上最悪となった炭鉱事故を受けて、政府は13日から3日間全国で喪に服すと発表。エルドアン首相はアルバニアへの外遊を取りやめ14日に現地入りしましたが、「こうした事故は起こりうるものだ」と発言したことで国民の怒りが高まっています。イスタンブールや首都アンカラなど各地でデモ隊と警官隊が衝突しました。国民投票による初の大統領選を8月に控えるなか、同国の政局不安が高まる可能性もありそうです。

一方で、トルコリラは10.00%という高い政策金利を背景に堅調地合いを続けています。米長期金利の低下も相まって、14日にドルトルコリラは1ドル=2.0617リラと昨年12月19日以来の安値を更新。また、欧州中央銀行(ECB)の追加緩和観測が高まっており、ユーロ売り・リラ買いも強まっています。トルコの政局が今後の金融政策やリラ相場に影響を与えるか注視したいところです。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
最終的な投資判断はお客様ご自身の判断でなさるようお願いします。内容については正確性、信頼性、安全性の確保に努めておりますが、保証するものではありません。この情報に基づくいかなる損害についてもグローバルインフォ株式会社は責任を一切負いかねます。すべての情報は、グローバルインフォ株式会社が著作権を有しています。許可なく転用、複製、複写、改変、販売することは重大な法律違反となります。
スポンサードリンク




広告







最新記事
関連ブログ




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

広告
スポンサードリンク




Follow me.



広告









記者紹介




心理学などを駆使した独自の手法で17年間1年もマイナスなく勝ち続けた常勝トレーダー。内外の投資家にも太いパイプを持つ。元東京外為市場委員会委員、東京フォレックスクラブ理事歴任。



1968年長野県生まれ。立命館大学卒業後、米シティバンク・英スタンダードチャータード銀行で十数年間に渡りインターバンクディーラーとして一線で活躍。その後は、証券会社などで外国為替証拠金業務を立ち上げるなど、当業界にも精通している。 2006年8月からはニューヨークからホットな金融情報を提供する。2008年5月よりグローバルインフォの代表取締役社長に就任。



1974年、英国バークレーズ銀行東京支店入行後、同行初の日本人チーフ・ディーラーを勤め、ゴールドマン・サックス証券、英国ミッドランド銀行、香港上海銀行(HSBC)で外国為替部門の要職を歴任。その後はT&Cフイナンシャルリサーチ取締役編集長を務め、2011年8月より、グローバルインフォ(株)取締役に就任。



インプライド・ボラティリティに魅せられたIVです。好きな通貨はNZドルです。



1982年山口県生まれ。九州大学卒業後、FX会社に入社。元外銀ディーラーから為替の基礎を学ぶ。カバーディールや決済業務、情報配信を担当。ディーラー同士のつながりから和田と縁があり、グローバルインフォに記者として入社。



豪ドル円で三振の山を築いた嫌な経験がありますが、それでも豪ドルの魅力には抗えません。オセアニア通貨の良さを伝えていきます。



ニックネームは「越後屋」。福井県出身。為替と体重の動向に注視してます。



にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


為替・FX ブログランキングへ

FX

ブログランキング

【今日の目線/相互リンク受付】


  • ライブドアブログ