GI24 今日の目線!

今井雅人(マット今井)・和田仁志・荻野金男が率いる、FXプロ集団のスーパーリアルコメント!

トルコ

トルコ大統領、中銀への利下げ要求変わらずリラ売り再開 中銀はリラ安けん制

こんにちは、フジモトです。

トルコのエルドアン大統領が9日、チェティンカヤ・トルコ中銀総裁を含む経済関係当局者との緊急会合を招集したことをきっかけにトルコリラは買い戻され、ドルトルコリラは10日に4.2209リラまで下落しました。もっとも、エルドアン大統領は11日に「金利は再び引き下げられる必要がある」と発言。12日には「自身が金融政策により責任を担うだろう」「中銀は選挙後に大統領のシグナルを無視できない」と述べたことでリラは売りが再開しました。15日に米格付け会社ムーディーズが「トルコの銀行資産の質が劣化する可能性」との見解を示したこともリラ売りを後押し。16日には過去最高値となる4.5010リラまでリラ安が加速しました。これを受けてトルコ中銀は「市場の進展を監視している。必要な措置が取られるだろう」との声明を発表。「チェティンカヤ総裁がエルドアン大統領と与党本部で会合する」との報道も受けてリラ買い戻しが強まりました。「会合はリラ安に関するものではなく、イランとの通貨協定に関するもの」とも伝わりましたが、4.3942リラまで一転下落しました。 


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

トルコ大統領、緊急会合招集受けたリラ買い戻しを無に返す

こんにちは、フジモトです。

エルドアン・トルコ大統領がインタビューで「自身が金融政策により責任を担うだろう」「より低い金利がインフレ率の鈍化をもたらすだろう」「中銀は選挙後に大統領のシグナルを無視できない」との爆弾発言。9日の緊急会合招集でリラ買い戻しが進んだ後、11日には同様の発言をしていましたが、今日はトドメの一発でトルコリラが対ドルで過去最安値を更新しています。ズマ南ア大統領は辞任観測から辞任したことで南アランドは急落から立ち直りましたが、エルドアン大統領は支持率が高いので余計にたちが悪いですね。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

トルコ首相と副首相、S&Pによる格下げを批判 CPIさらに上昇でドルリラ過去最高値

おはようございます、フジモトです。

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は1日、トルコの格付けを「BB」から「BB-」に引き下げたと発表。見通しは「安定的」としました。なお、今回の格下げは定期的に行われる格付け見直しではなく、「インフレの上昇や財政赤字の拡大で経済が不安定さを増している」「長期的なリラ安や変動率の高まりで金融が不安定さを増している」との見方が反映されたものだとのこと。

これを受けてトルコのシムシェキ副首相は2日、「格付け見直しはもともと年後半に予定されており、格下げはタイミングが悪い」「トルコに関するS&Pの分析は不十分」「財政赤字の拡大は主に金輸入と原油高によって引き起こされており、恐らく一時的」などの見解を示しました。また、ユルドゥルム首相は3日、「S&Pの格下げは6月24日の総選挙前に、与党・公正発展党(AKP)に悪影響を与える狙いがある」と発言しています。

また、3日発表された4月トルコ消費者物価指数(CPI)は前年比10.85%と3月の10.23%からさらに上昇しました。トルコ中銀は4月25日、事実上の上限金利とされている後期流動性貸出金利を従来の12.75%から13.50%に引き上げ、「インフレ見通しが大幅に改善し、中銀目標と一致するまで断固として引き締めスタンスを維持する」などの姿勢を維持しており、CPIの結果を受けて追加利上げ観測が浮上。同時に、景気浮揚のため利下げを望んでいるエルドアン政権との対立が一層強まるとの懸念も高まりました。格下げを嫌気してトルコリラは売られていましたが、CPIを受けてドルトルコリラは一時1ドル=4.2296トルコリラと過去最高値を更新しました。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

NY序盤の主役は新興国通貨

こんばんは、フジモトです。

エルドアン大統領の早期総選挙呼びかけでトルコリラが爆騰していますが、そもそも野党は2019年11月から今年8月への前倒しを提案していました。ただ、エルドアン大統領が示したのは6月24日。日付がはっきりして不透明感が後退したのと、野党の提案より早い日付となったことで「混乱が短くて済む」との見方もあるようですね。

一方、南アランドも堅調な展開。ラマポーザ大統領が16日に投資促進チームを立ち上げましたし、今日は・・・

「2018年の3%成長目標を維持」
「投資は南アの成長を促進する鍵」
「現在の南アランドの水準は信頼の度合いを反映している」
「南アランドは現時点でほぼバランスがとれている」

と発言。ランド高容認とも取れる内容でランド買いが強まっています。新興国通貨がNY序盤の主役になっていますね。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

トルコ大統領選、前倒しの可能性 次の注目は金融政策に

こんにちは、Dice-Kです。

トルコリラは足もとでさえない動きが続いていますね。17日には与党・公正発展党(AKP)の連立相手である民族主義行動党(MHP)が2019年11月に予定されている大統領選の今年8月への前倒しを提案。市場からは「選挙の前倒しに伴ってエルドアン政権の強権体制が一段と進むことになる」との指摘もあっりました。トルコリラ相場は中東情勢への懸念もあり、前週には連日で過去最安値を更新。ドル・リラは11日に4.1934リラまでドル高・リラ安が進む場面も見られました。また、急速に通貨安が進んだことによってトルコ中銀も対応を迫られており、一部市場では25日に開催される次回の会合で利上げを決めるとの思惑もあるようです。エルドアン政権から利下げ圧力を受けるなか、中銀の判断に注目しておきたいですね。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

ムーディーズ、トルコ格付けを引き下げ 他社も追随か

こんにちは、Dice-Kです。

トルコ中銀は7日に金融政策決定会合を開き、市場予想通りに主要政策金利を据え置きました。中銀は声明で「インフレ見通しが一時的な要因を除いて大幅に改善し、中銀目標と一致するまで断固として引き締めスタンスを維持する」と言及。声明文では前回から大きな変更は見られませんでした。その一方、同日には米格付け会社ムーディーズがトルコの格付けを「Ba1」から「Ba2」に引き下げたと発表。市場では「トルコ中銀は市場や格付け会社から信認の問題を抱えており、S&Pやフィッチなども追随して格付けを引き下げる可能性が高い」との指摘もありました。中銀はインフレの高止まりとエルドアン政権から利下げ圧力で板ばさみ状態が続いており、今回の格下げによって一段と市場の懸念が高まる可能性もあるため注意しておきたいですね。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

トルコ中銀、金利据え置き 声明文は前回よりタカ派的

こんにちは、Dice-Kです。

トルコ中銀は18日に金融政策決定会合を開き、市場予想通りに主要政策金利を据え置きました。中銀は声明で「インフレ見通しが一時的な要因を除いて大幅に改善し、中銀目標と一致するまで断固として引き締めスタンスを維持する」と言及。3日に発表された12月消費者物価指数(CPI)は前年比11.92%上昇と11月の12.98%上昇から減速したものの、金融政策に与える影響は限定的との姿勢を示唆しました。市場では「今回の声明は前回よりもわずかにタカ派的」「中銀の姿勢はトルコリラのサポートになるだろう」などの声も聞かれています。なお、次回のCPIは2月5日に発表されるほか、次回の金融政策決定会合は3月7日に開催されます。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
最終的な投資判断はお客様ご自身の判断でなさるようお願いします。内容については正確性、信頼性、安全性の確保に努めておりますが、保証するものではありません。この情報に基づくいかなる損害についてもグローバルインフォ株式会社は責任を一切負いかねます。すべての情報は、グローバルインフォ株式会社が著作権を有しています。許可なく転用、複製、複写、改変、販売することは重大な法律違反となります。
スポンサードリンク




広告







最新記事
関連ブログ




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

広告
スポンサードリンク




Follow me.



広告









記者紹介




心理学などを駆使した独自の手法で17年間1年もマイナスなく勝ち続けた常勝トレーダー。内外の投資家にも太いパイプを持つ。元東京外為市場委員会委員、東京フォレックスクラブ理事歴任。



1968年長野県生まれ。立命館大学卒業後、米シティバンク・英スタンダードチャータード銀行で十数年間に渡りインターバンクディーラーとして一線で活躍。その後は、証券会社などで外国為替証拠金業務を立ち上げるなど、当業界にも精通している。 2006年8月からはニューヨークからホットな金融情報を提供する。2008年5月よりグローバルインフォの代表取締役社長に就任。



1974年、英国バークレーズ銀行東京支店入行後、同行初の日本人チーフ・ディーラーを勤め、ゴールドマン・サックス証券、英国ミッドランド銀行、香港上海銀行(HSBC)で外国為替部門の要職を歴任。その後はT&Cフイナンシャルリサーチ取締役編集長を務め、2011年8月より、グローバルインフォ(株)取締役に就任。



インプライド・ボラティリティに魅せられたIVです。好きな通貨はNZドルです。



1982年山口県生まれ。九州大学卒業後、FX会社に入社。元外銀ディーラーから為替の基礎を学ぶ。カバーディールや決済業務、情報配信を担当。ディーラー同士のつながりから和田と縁があり、グローバルインフォに記者として入社。



豪ドル円で三振の山を築いた嫌な経験がありますが、それでも豪ドルの魅力には抗えません。オセアニア通貨の良さを伝えていきます。



ニックネームは「越後屋」。福井県出身。為替と体重の動向に注視してます。



にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


為替・FX ブログランキングへ

FX

ブログランキング

【今日の目線/相互リンク受付】


記事検索
  • ライブドアブログ