皆様、こんにちは、Tamaraです

ノルウェー中銀の金融政策委員会は本日17時に主要政策金利の決定を発表する。市場では現行の1.5%が据え置かれるとの予想が根強いが、焦点となるのが声明文の内容だ。先月の金融政策委員会は市場予想に反して年内の利下げの可能性を示唆する発言を声明文から排除しなかった影響でクローネが売り圧力が高まる場面が目立った。その後、8月ノルウェー消費者物価指数が市場予想を大幅に上回ったことをきっかけに金融引き締めへの転換に対する期待が再燃した。「ノルウェー金融当局は今晩、前回に指摘した時期より早く金融引き締めに取り組む可能性を示唆するのでは」との見方を示す市場関係者が多いため、クローネ相場全般はドルを中心に底堅く推移している。 ノルゲバンクが今晩こそ市場予想を裏切らなければ、クローネ・円相場は上値で17.0円を試すだろう。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式