皆様、こんにちは、Tamaraです

フィッチ格付け会社は30日、「トルコ金融機関は十分な資金バッファーを保有しているため、短期的に主要通貨に対するリラ安や景気の落ち込みの影響が限定的となろう。これを理由に格付け見通しを「安定的」で維持する可能性が高い」と述べた。ただ、国内経済成長が予想を下回り、リラ安によるインフレ圧力が上昇すれば、追加利上げへの圧力が高まる状況となりうる。このような状況が発生すれば、トルコ金融機関の格下げに繋がる可能性を示唆した。



FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式