グローバルインフォ 今日の目線!

今井雅人(マット今井)・和田仁志・荻野金男が率いる、FXプロ集団のスーパーリアルコメント!

ブラジルレアル

ブラジル大統領弾劾の可能性で買われるレアル

こんにちは、フジモトです。

ブラジル議会の野党議員は昨年12月、ルセフ大統領が2014年度政府会計の不正操作に関わったとして弾劾請求を行い、下院の特別委員会で弾劾の是非が検討されていましたが、今月6日に弾劾すべきとの報告書案が提出されました。11日には特別委員会でこの報告書案の賛否を問う投票が行われ、ルセフ大統領の弾劾が支持されました。これを受けて早ければ15日にも下院で弾劾の是非を問う採決が行われ、3分の2以上で可決されれば審議は上院に移ります。

ルセフ大統領の弾劾が成立すれば、テメル副大統領が大統領に就任しますが、ブラジル最高裁判所は5日、下院に特別委員会を設置して副大統領が不正会計に関わっているか調査するよう命令するなど、ルセフ政権崩壊の可能性が高まっています。

ブラジルの世論調査ではルセフ・テメル両氏が退陣した場合、新たな大統領選に投票すると答えた回答者が79%に上るなど、新政権への期待が高まるなかブラジルレアルは買いが優勢に。11日には1ドル=3.4871レアルと昨年8月21日以来の安値を付けました。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

ブラジルレアル、上昇 大統領が閣僚ポスト廃止や給与削減発表

こんにちは、フジモトです。

2日のブラジル株式相場やブラジルレアルは上昇しました。ブラジルの代表的な株式指数であるボベスパ指数は3.8%近い上げ幅となったほか、ドル・レアルは1ドル=3.9284レアルまで下落しました。ルセフ大統領は2日、現在ある省庁を39から31に削減し8つの閣僚ポストを廃止するほか、内閣改造や自身を含めた閣僚の給与削減を発表。米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が9月にブラジル格付けを「BBB-」から投資適格級未満となる「BB+」に引き下げており、財政収支の改善が急務となるなか、大統領と議会の関係が改善し歳出削減法案が承認されることへの期待感が高まった形です。

ドル・レアルは9月24日に史上最高値となる4.2478レアルまで上げた後、上値が切り下がっていて、ネックラインとして意識されている9月25日の安値3.8841レアルを下抜ければ下値余地が広がりそうです。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

ブラジルレアル、下げ加速 世界株安と政治混乱で

こんにちは、IVです。

ブラジルの通貨レアルの下落が顕著になっています。ドル・レアルは24日、一時4.2478レアルまでドル高・レアル安が進み、過去最高値を更新しました。中国景気への懸念を背景に世界的な株安となっていることで、新興国通貨は全般売られやすいうえ、国内政治への不信感も根強いといいます。ブラジル議会は23日、ルセフ大統領が歳出急増回避のために下したいくつかの拒否権行使を支持したものの、今後数年で歳出を拡大させる恐れがある法案の大統領拒否権を認めるかどうかの採決は先送りしました。議会はまだこの採決の具体的な日程を設定しておらず、市場では「大統領の拒否権が覆されるのではないか」との観測が浮上。大統領と議会の対立がより鮮明になっています。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

ブラジル、格下げ懸念で株安・通貨安

こんにちは、IVです。

このところブラジル株式相場の下落が目立っています。ブラジルの代表的な株式指数であるボベスパ指数は22日、一時50592.47と3月30日以来およそ4カ月ぶりの安値を付けました。また通貨レアルも軟調地合いが継続。ドル・レアルは3月20日に付けた12年ぶり高値の1ドル=3.3148レアルに迫っています。ルセフ政権が今年のプライマリー黒字目標の引き下げを提案することが政府の報告で確認されたことで、政府への信頼が損なわれ同国経済の見通しが悪化するとみられています。市場関係者からは「信用格付けを確実に危うくする可能性がある」との声も聞かれました。くわえて、ブラジル地理統計院(IBGE)が22日発表した7月中旬のIPCAが前月比から鈍化したうえ、市場予想平均を下回りました。「大半のエコノミストはブラジル中銀が28-29日の会合で50bpの利上げに動くとの見方を維持しているものの、予想利上げ幅を25bpに修正する向きも増えている」といいます。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

ブラジルレアル、上昇一服 大統領支持率低下は重し?

こんばんは、IVです。

ブラジルレアルの上昇に一服感が出ているようです。ウクライナ情勢の緊張緩和で、高利回り資産への需要が拡大。ブラジルレアル円は4月10日に一時1レアル=46.70円と約10カ月ぶりの高値を付けました。ただ、そのあとはやや上値が重くなっています。ブラジル中銀が5月上旬に期限を迎える通貨スワップをロールオーバーしない方針を示唆したことが背景のようです。ある市場関係者からは「ブラジル中銀が現在のレアル相場について、インフレを抑制し次回の金融政策決定会合で引き締めを休止できる水準とみている可能がある」との声が聞かれました。
くわえてルセフ大統領の支持率低下もレアルの重し。ブラジル運輸連盟(CNT)が4月29日に発表した世論調査の結果では、ルセフ大統領の支持率は47.9%と2月の55%から低下。ルセフ政権の支持率も32.9%と2月時点の36.4%から下げています。一部の有権者は、現政権の政策に不満を抱いています。もっとも、10月の大統領選挙で再選を目指すルセフ大統領の支持率が低下すれば、「今よりも市場寄りの政権が誕生するとの期待感が高まる」と指摘する向きもあるようです。「次期大統領がインフレ抑制と投資促進に向けた措置を打ち出す」との思惑・・・。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

ブラジル中銀のスワップ入札に注目

皆様、こんにちは、Tamaraです

ブラジル中央銀行は本日、12月2日に償還日を迎える為替スワップ契約の一部をロールオーバーする目的で上限10億ドルの為替スワップ入札を行う予定だ。市場では入札規模に注目が集まっている。ブラジル金融当局がロールオーバーに積極的に取り組む姿勢を示せば、レアル相場は今夜ドルを中心に買われる場面が目立つ公算がある。



FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

今晩のエマージング経済指標、ブラジルやメキシコに注目

皆様、こんにちは、Tamaraです

エマージング市場では週末に掛けて、主要な経済指標の発表やイベントが少ないが、本日22時に発表される8月メキシコ景気先行指数や22時30分の9月ブラジル自動車生産・販売・輸出に注目したい。特に、ブラジルの場合、景気先行き不安が徐々に広がりつつあり、弱い数値が出れば、レアルの売り圧力が強まる公算がある。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
最終的な投資判断はお客様ご自身の判断でなさるようお願いします。内容については正確性、信頼性、安全性の確保に努めておりますが、保証するものではありません。この情報に基づくいかなる損害についてもグローバルインフォ株式会社は責任を一切負いかねます。すべての情報は、グローバルインフォ株式会社が著作権を有しています。許可なく転用、複製、複写、改変、販売することは重大な法律違反となります。
スポンサードリンク




広告







最新記事
関連ブログ




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

広告
スポンサードリンク




Follow me.



広告









記者紹介




心理学などを駆使した独自の手法で17年間1年もマイナスなく勝ち続けた常勝トレーダー。内外の投資家にも太いパイプを持つ。元東京外為市場委員会委員、東京フォレックスクラブ理事歴任。



1968年長野県生まれ。立命館大学卒業後、米シティバンク・英スタンダードチャータード銀行で十数年間に渡りインターバンクディーラーとして一線で活躍。その後は、証券会社などで外国為替証拠金業務を立ち上げるなど、当業界にも精通している。 2006年8月からはニューヨークからホットな金融情報を提供する。2008年5月よりグローバルインフォの代表取締役社長に就任。



1974年、英国バークレーズ銀行東京支店入行後、同行初の日本人チーフ・ディーラーを勤め、ゴールドマン・サックス証券、英国ミッドランド銀行、香港上海銀行(HSBC)で外国為替部門の要職を歴任。その後はT&Cフイナンシャルリサーチ取締役編集長を務め、2011年8月より、グローバルインフォ(株)取締役に就任。



インプライド・ボラティリティに魅せられたIVです。好きな通貨はNZドルです。



1982年山口県生まれ。九州大学卒業後、FX会社に入社。元外銀ディーラーから為替の基礎を学ぶ。カバーディールや決済業務、情報配信を担当。ディーラー同士のつながりから和田と縁があり、グローバルインフォに記者として入社。



豪ドル円で三振の山を築いた嫌な経験がありますが、それでも豪ドルの魅力には抗えません。オセアニア通貨の良さを伝えていきます。



ニックネームは「越後屋」。福井県出身。為替と体重の動向に注視してます。



にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


為替・FX ブログランキングへ

FX

ブログランキング

【今日の目線/相互リンク受付】


  • ライブドアブログ