GI24 今日の目線!

今井雅人(マット今井)・和田仁志・荻野金男が率いる、FXプロ集団のスーパーリアルコメント!

ボベスパ

ブラジル、テメル大統領に新たな疑惑浮上 ブラジル株・レアルともに伸び悩み

こんにちは。越後屋です。

ブラジル警察当局は12日、テメル大統領とその側近が新たに汚職や詐欺に関与した疑いがあると突如発表。テメル大統領の汚職を主張していた国内大手食肉加工会社JBSのバチスタ会長が刑事免責の失効に伴って先週末に逮捕されたことで、政権の財政改革が一段と速まるとの期待感からボベスパ指数は史上最高値を更新していましたが、今回の公表を受けて12日の取引終了にかけては上げ幅を縮めています。ブラジル・レアルも11日には対ドルで3月21日以来の高値を付けていましたが、反落しています。ただ、不正行為の具体的な内容は明らかになっておらず、今後の捜査状況を注視したいところですね。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

ブラジル株、利下げ期待で史上最高値に接近も中銀は緩和縮小示唆

こんばんは。越後屋です。

6日のブラジル株式市場でボベスパ指数は大幅高となりました。一時73607.91まで上値を伸ばし、2008年5月29日に付けた史上最高値73920.38に迫っりましたね。同日に発表された8月消費者物価指数が前年比で2.46%上昇と18年ぶりの低い伸び率となったことを受けて、メイレレス財務相は「低インフレは極めて良いニュースであり、中銀が柔軟に動くことができる」などと述べ、一段の利下げ期待から株式市場には買いが集まりました。また、議会が2つの主要な財政法案を可決したことでテメル政権の改革が円滑に進むとの見方が広がったことも買いを後押ししました。

なお、ブラジル中銀は政策金利を現行の9.25%から8.25%に引き下げたと発表。利下げは8会合連続となりました。声明では「次回会合で緩和ペースを縮小させることが妥当」「現在の緩和サイクルは徐々に終了していくと予想」との見解を示しました。前回声明では「経済状況は同じペースでの金融緩和を許容し、緩和拡大も含めて検討する」としていましたが、緩和サイクル終了へ向けたサインを示したことで祝日明け8日のブラジル株式相場に注目したいですね。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

ブラジル株、9年3カ月ぶり高値 汚職巡る司法取引の一部無効を好感

こんばんは。越後屋です。

ブラジル検察当局は5日、国内大手食肉加工会社JBSとテメル大統領の汚職についてJBSのジョエスレイ・バチスタ会長への司法取引を一部無効にすると発表しました。市場はテメル大統領への疑惑追及が行き詰ったと見なし、現政権が財政改革に向けて一段と推し進めるとの期待感からブラジル株式相場は上昇。代表的な株式指数であるボベスパ指数は一時73179.52と2008年5月29日以来、9年3ヶ月ぶりの高値を付けました。また、ブラジルレアルも買われ、ドル・レアルは一時3.1136レアルと5月17日以来の水準までドル安・レアル高が進んでいます。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

ブラジル景気、回復基調続く GDPは前年同期比でもプラス成長へ

こんばんは。越後屋です。

ブラジルの経済成長に回復基調が目立ち始めています。1日に発表された4-6月期のブラジル国内総生産(GDP)は前年同期比で0.3%増と2014年1-3月期以来、約3年ぶりにプラス成長となったほか、前期比も2期連続でプラス成長を維持しました。メイレレス財務相はこの結果を受けた後の会見で「経済回復は今後数カ月続くだろう」との見解を示しました。また、同日に発表された8月貿易収支も同月としては1989年の統計開始以降、最高の黒字額となっています。内訳としては、大豆や自動車などの伸びが著しかったですね。これら好指標を受けてブラジルの代表的な株式指数であるボベスパ指数は2010年11月9日以来の高値を付けました。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

ブラジル株、6年7カ月ぶり高値 ルラ元大統領の不出馬言及や政府の民営化提案が追い風

こんにちは。越後屋です。

ブラジル株式相場が堅調地合いを維持しています。代表的な株式指数であるボベスパ指数は23日、一時70586.92と2011年1月19日以来、約6年7カ月ぶりの高値を更新。背景には依然として根強い人気を誇るルラ元大統領が収賄の罪で有罪判決を下され、次期大統領選への出馬が絶望的となったことが挙げられます。ルラ氏はテメル政権の年金改革に反対していたため、再任となれば財政リスクが高まると市場では懸念されているだけに。二審で判決が覆されれば出馬の可能性が浮上していますが、23日にはルラ氏が「別の候補を立てざるを得ないかもしれない」と不出馬の可能性に言及したため株式相場には追い風となっています。

また、21日にはパウロ・ペドロサ鉱業・エネルギー省次官が国有電力会社のエレトロプラスの株式を売却し、民営化することを発表。財政への懸念が後退したうえ、民営化提案によって株主価値が意識されたとしてエレトロプラス株が一時51%超上昇しました。そして、23日には空港や港湾、高速道路などのインフラ事業の民営化も公表したため、一段と株価押し上げにつながっています。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

ブラジル政局ドロドロもブラジル株↑

こんにちは、フジモトです。

ブラジル下院は17日、ルセフ大統領の弾劾を議員定数513人の3分の2を上回る367人の賛成で可決しました。これを受けて上院では弾劾裁判の是非を問う採決が5月11日頃までに行われる見通しです。議員定数54人の過半数が賛成すれば大統領は最大180日間の停職処分となり、この間に弾劾裁判が行われます。弾劾裁判で3分の2が賛成すればルセフ大統領は失職します。現地紙の調査によると上院の過半数が弾劾に賛成しているようで、停職される可能性は高いですね。

ルセフ大統領が停職処分の間はテメル副大統領が暫定大統領となり、ルセフ大統領が失職すれば2018年の大統領選までテメル政権が続くことになります。テメル氏は2015年11月に「未来への架け橋」という政策綱領を発表しており、マーケットフレンドリーと受け止められています。一方で、ブラジル最高裁判所は5日、下院に特別委員会を設置して副大統領が不正会計に関わっているか調査するよう命令しています。また、11日にはテメル氏が暫定大統領に就任する際の演説を練習している録音テープが流出!ルセフ大統領はクーデターの首謀者としてテメル氏を非難するなど、やりあってます。。。

ルセフ・テメル両氏が退陣した場合、クニャ下院議長が暫定大統領に就きますが、クニャ氏にはマネーロンダリングなど複数の違法行為疑惑が浮上するなど、ブラジルの政局はドロドロの泥沼です。ただ、新政権誕生への期待などからブラジルの代表的な株式指数であるボベスパ指数は19日に54054.03と昨年6月26日以来の高値を更新!ブラジルレアルも14日に1ドル=3.4607レアルと昨年8月21日以来の安値を付け、その後も戻りの鈍い展開となっています。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

ブラジルレアル、上昇 大統領が閣僚ポスト廃止や給与削減発表

こんにちは、フジモトです。

2日のブラジル株式相場やブラジルレアルは上昇しました。ブラジルの代表的な株式指数であるボベスパ指数は3.8%近い上げ幅となったほか、ドル・レアルは1ドル=3.9284レアルまで下落しました。ルセフ大統領は2日、現在ある省庁を39から31に削減し8つの閣僚ポストを廃止するほか、内閣改造や自身を含めた閣僚の給与削減を発表。米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が9月にブラジル格付けを「BBB-」から投資適格級未満となる「BB+」に引き下げており、財政収支の改善が急務となるなか、大統領と議会の関係が改善し歳出削減法案が承認されることへの期待感が高まった形です。

ドル・レアルは9月24日に史上最高値となる4.2478レアルまで上げた後、上値が切り下がっていて、ネックラインとして意識されている9月25日の安値3.8841レアルを下抜ければ下値余地が広がりそうです。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
最終的な投資判断はお客様ご自身の判断でなさるようお願いします。内容については正確性、信頼性、安全性の確保に努めておりますが、保証するものではありません。この情報に基づくいかなる損害についてもグローバルインフォ株式会社は責任を一切負いかねます。すべての情報は、グローバルインフォ株式会社が著作権を有しています。許可なく転用、複製、複写、改変、販売することは重大な法律違反となります。
スポンサードリンク




広告







最新記事
関連ブログ




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

広告
スポンサードリンク




Follow me.



広告









記者紹介




心理学などを駆使した独自の手法で17年間1年もマイナスなく勝ち続けた常勝トレーダー。内外の投資家にも太いパイプを持つ。元東京外為市場委員会委員、東京フォレックスクラブ理事歴任。



1968年長野県生まれ。立命館大学卒業後、米シティバンク・英スタンダードチャータード銀行で十数年間に渡りインターバンクディーラーとして一線で活躍。その後は、証券会社などで外国為替証拠金業務を立ち上げるなど、当業界にも精通している。 2006年8月からはニューヨークからホットな金融情報を提供する。2008年5月よりグローバルインフォの代表取締役社長に就任。



1974年、英国バークレーズ銀行東京支店入行後、同行初の日本人チーフ・ディーラーを勤め、ゴールドマン・サックス証券、英国ミッドランド銀行、香港上海銀行(HSBC)で外国為替部門の要職を歴任。その後はT&Cフイナンシャルリサーチ取締役編集長を務め、2011年8月より、グローバルインフォ(株)取締役に就任。



インプライド・ボラティリティに魅せられたIVです。好きな通貨はNZドルです。



1982年山口県生まれ。九州大学卒業後、FX会社に入社。元外銀ディーラーから為替の基礎を学ぶ。カバーディールや決済業務、情報配信を担当。ディーラー同士のつながりから和田と縁があり、グローバルインフォに記者として入社。



豪ドル円で三振の山を築いた嫌な経験がありますが、それでも豪ドルの魅力には抗えません。オセアニア通貨の良さを伝えていきます。



ニックネームは「越後屋」。福井県出身。為替と体重の動向に注視してます。



にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


為替・FX ブログランキングへ

FX

ブログランキング

【今日の目線/相互リンク受付】


  • ライブドアブログ