FXi24 今日の目線!

今井雅人(マット今井)・和田仁志・荻野金男が率いる、FXプロ集団のスーパーリアルコメント!

ユーロ

いつになく静かな期末

こんばんは。越後屋です。

今日はご存じの通り月末・期末です。為替市場ではよくユーロポンドがロンドンフィキシングに向けて大きく動くことが見られがちですが、今日はさっぱり。さて、あと2時間半ばかりとなりましたが、どう動くのか。24時前後の動向には要注意です。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

ECBのユーロ流動性供給ファシリティ開設で相場が動く

こんばんは。越後屋です。

ECBが突然、ユーロ流動性供給ファシリティを開設すると発表。これはFRBが3月にやったことと同じことで、ユーロ圏以外の中銀にももれなくユーロを提供するという動き。これを受けて独DAXは急反発。リスクオフから一転リスクオンとなっています。そして落ち着くと今度はユーロ売り。さてさて、ユーロがそろそろ下げるパターンがくるのか。





FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

5000億ユーロの交付金計画でユーロ↑↑

こんばんは。越後屋です。

欧州委員会が今晩にも決定するであろう復興計画。このリークが報道され、5000億ユーロの交付金と2500億ユーロの融資となるとのこと。高債務国などからは融資では財政がさらに悪化するとの声が挙がっていましたので、それに配慮した形で交付金を倍用意したということで、これを好感してユーロがアゲアゲとなっています。ユーロドルはついに1.10ドルに再び乗っかってきた。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

欧州通貨は買い戻し

こんばんは。越後屋です。

ロンドン勢・米国勢がいない週明けの為替相場、動きは全体的に緩慢ではありますが、ユーロやポンドに買い戻しが見られています。ユーロはオーストリア、スウェーデン、デンマーク、オランダが仏独提案の5000億ユーロの復興基金に反対を表明したことでアジアに売った向きの買い戻し。ポンドもつれ高。外出制限中に遠距離の親類を訪問したことで批判の的となっているジョンソン首相の側近であるドミニク・カミングス上級顧問について、この後首相官邸が声明を発表するとのことですが、その前に買い戻しですかね。いずれもポジション調整メインだと思われます。




FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

ECBと独の対立激化懸念

こんばんは。越後屋です。

欧州時間に入るとユーロの全面安となりました。きっかけは独裁判所がECBのQEの一部やり方について違憲と判決したためです。もともと、ドイツは緩和政策については否定的でしたが、ここへきて憲法でも攻めるなど対立が濃厚化してきました。これを嫌気してユーロは売られています。これをNY勢がどう判断するか。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

ユーロポンド主導

こんばんは。越後屋です。

欧州時間に入っていますが、ドル円はさっぱりな動き。コロナウイルスへの脅威は高まるばかりですが、特段リスクオフの展開にもなっていないですね。それよりも今はユーロポンドの動向に市場は注目しているようですね。ユーロポンドが下落するとユーロドルが下落し、ポンドドルが上昇するという綺麗な連動が今日も見られています。この後のロンドンフィキシングにかけても動意付く可能性があるので、突発的な報道にも注意しつつ見ていきましょう。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

結局はユーロ売り

こんばんは。越後屋です。

注目の欧州PMI速報値が発表され、製造業はいずれも予想を上回ったことでいったんはユーロ買いで反応しましたが、その後は一転して売られる展開となっています。サービス部門は悪化、そしてラガルド総裁が緩和維持発言をしたことが材料視されているようですが。。。相変わらず、だましの動きがえげつないですねえ。




FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
最終的な投資判断はお客様ご自身の判断でなさるようお願いします。内容については正確性、信頼性、安全性の確保に努めておりますが、保証するものではありません。この情報に基づくいかなる損害についても株式会社DZHフィナンシャルリサーチは責任を一切負いかねます。すべての情報は、株式会社DZHフィナンシャルリサーチが著作権を有しています。許可なく転用、複製、複写、改変、販売することは重大な法律違反となります。
スポンサードリンク




広告







関連ブログ




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

広告
スポンサードリンク




Follow me.



広告







記者紹介




心理学などを駆使した独自の手法で17年間1年もマイナスなく勝ち続けた常勝トレーダー。内外の投資家にも太いパイプを持つ。元東京外為市場委員会委員、東京フォレックスクラブ理事歴任。



1968年長野県生まれ。立命館大学卒業後、米シティバンク・英スタンダードチャータード銀行で十数年間に渡りインターバンクディーラーとして一線で活躍。その後は、証券会社などで外国為替証拠金業務を立ち上げるなど、当業界にも精通している。 2006年8月からはニューヨークからホットな金融情報を提供する。2008年5月よりグローバルインフォの代表取締役社長に就任。



1974年、英国バークレーズ銀行東京支店入行後、同行初の日本人チーフ・ディーラーを勤め、ゴールドマン・サックス証券、英国ミッドランド銀行、香港上海銀行(HSBC)で外国為替部門の要職を歴任。その後はT&Cフイナンシャルリサーチ取締役編集長を務め、2011年8月より、グローバルインフォ(株)取締役に就任。



インプライド・ボラティリティに魅せられたIVです。好きな通貨はNZドルです。



1982年山口県生まれ。九州大学卒業後、FX会社に入社。元外銀ディーラーから為替の基礎を学ぶ。カバーディールや決済業務、情報配信を担当。ディーラー同士のつながりから和田と縁があり、グローバルインフォに記者として入社。



豪ドル円で三振の山を築いた嫌な経験がありますが、それでも豪ドルの魅力には抗えません。オセアニア通貨の良さを伝えていきます。



ニックネームは「越後屋」。福井県出身。為替と体重の動向に注視してます。



にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


為替・FX ブログランキングへ

FX

ブログランキング

【今日の目線/相互リンク受付】


記事検索
  • ライブドアブログ