FXi24 今日の目線!

今井雅人(マット今井)・和田仁志・荻野金男が率いる、FXプロ集団のスーパーリアルコメント!

ユーロ

ポンドに代わって主役はユーロ

こんにちは。越後屋です。

今週のイベントは残すところECB理事会とラガルド総裁の会見。昨日はブレグジット交渉に集中し、ポンド中心の相場でしたが、今日の主役はユーロです。総裁会見内容次第では乱高下が見込まれるので、ポジション管理には徹底しましょう。さて、ユーロけん制発言あるかな。




FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

動意付いている通貨を探そう

こんにちは。越後屋です。

東京市場も後半に入っていますが、ドル円は値幅7銭と安定の固定相場となっています。こういうときにやってもなにもいいことはありませんので、普段ドル円しかトレードしないという方も動いているほかの通貨に目を向けるのも良いでしょう。そこで、今週に限ってですが、ECB理事会と英EU通商交渉という大イベントを前に思惑的なユーロ売り・ポンド売りが出ています。そして、週末に意味深な追加緩和積極的宣言を出したNZドル。これがトレンドを出していますので、何かやりたいということであれば、こういった通貨を触るのも手だと思います。





FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

ユーロ高けん制が続く

こんにちは。越後屋です。

1日のレーンECB専務理事のユーロ高問題発言、そして今日はFT紙が「ECBはユーロ高を懸念」との見出しで記事を出したことにより、ユーロ安が進んでいます。タイミングよく来週にはECB理事会がありますので、最近のユーロ高については必ずと言っていいほど記者会見でラガルド総裁に向けて質問が来るでしょうから、総裁の発言には気を付けたいところです。



FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

昨日はユーロ、今日はNZドルで為替発言

こんばんは。越後屋です。

昨日のユーロドルの1.2から1.19ドルまでの下落はダイナミックでしたね。達成感にプラスしてレーンECB専務理事が「ユーロドルの水準は問題」と発言したことで一気に調整が進みました。そして、アジア市場に入ると、もともと注目されていたオアRBNZ総裁の講演、このなかで「為替レートを懸念していない」と昨日のユーロとは真逆のNZドル高容認発言でNZドル高が進むなど、久しぶりに要人発言で為替が動意づく展開となっています。今後も各国の要人発言には要警戒ですね。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

ユーロドル、達成感もあるしポジションも偏ってるし(今さら感)

こんばんは、IVです。

ユーロドルはついに1.2ドル突破。一時1.2011ドルと2018年5月2日以来約2年4カ月ぶりの高値を付けました。ただ、1.2ドル台での滞空時間は短く、達成感からいったん利益確定売りなども出たようで一時1.1902ドルと日通し安値を付けています。

なお、米商品先物取引委員会(CFTC)が前週末発表した8月25日時点の建玉報告によると、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)の通貨先物市場で非商業部門(投機筋)のユーロの対ドル持ち高は21万1752枚の買い越しと過去最大になっています。市場では「過熱感」を指摘する声も出ているようですが、まあ「今さら感」満載です。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

投機筋のユーロロング、過去最大!だが・・・

おはようございます、IVです。

米商品先物取引委員会(CFTC)が本日発表した25日時点の建玉報告によると、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)の通貨先物市場で非商業部門(投機筋)のユーロの対ドル持ち高は21万1752枚の買い越しとなったことが分かりました。これは過去最大のユーロの買い越し幅。

持ち高が偏り過ぎれば反動の余地が広がるだけに、ユーロ安方向に大きく調整する可能性があることには留意したいですが・・・米金融緩和策の長期化観測を背景に米長期金利は低下傾向。前日のまちまちの動きから本来の姿になった印象もあり、しばらくは株高・ドル安・金利低下が続きそうな雰囲気です。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

投機筋のユーロロング、過去最大!

おはようございます、IVです。

米商品先物取引委員会(CFTC)がさきほど発表した28日時点の建玉報告によると、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)の通貨先物市場で非商業部門(投機筋)のユーロの対ドル持ち高は15万7559枚の買い越しとなったことが分かりました。これは過去最大のユーロの買い越し幅。持ち高が偏り過ぎれば反動の余地が広がるだけに、ユーロ安方向に大きく調整する可能性があることには留意したいと思います。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
最終的な投資判断はお客様ご自身の判断でなさるようお願いします。内容については正確性、信頼性、安全性の確保に努めておりますが、保証するものではありません。この情報に基づくいかなる損害についても株式会社DZHフィナンシャルリサーチは責任を一切負いかねます。すべての情報は、株式会社DZHフィナンシャルリサーチが著作権を有しています。許可なく転用、複製、複写、改変、販売することは重大な法律違反となります。
スポンサードリンク




広告







関連ブログ




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

広告
スポンサードリンク




Follow me.



広告







記者紹介




心理学などを駆使した独自の手法で17年間1年もマイナスなく勝ち続けた常勝トレーダー。内外の投資家にも太いパイプを持つ。元東京外為市場委員会委員、東京フォレックスクラブ理事歴任。



1968年長野県生まれ。立命館大学卒業後、米シティバンク・英スタンダードチャータード銀行で十数年間に渡りインターバンクディーラーとして一線で活躍。その後は、証券会社などで外国為替証拠金業務を立ち上げるなど、当業界にも精通している。 2006年8月からはニューヨークからホットな金融情報を提供する。2008年5月よりグローバルインフォの代表取締役社長に就任。



1974年、英国バークレーズ銀行東京支店入行後、同行初の日本人チーフ・ディーラーを勤め、ゴールドマン・サックス証券、英国ミッドランド銀行、香港上海銀行(HSBC)で外国為替部門の要職を歴任。その後はT&Cフイナンシャルリサーチ取締役編集長を務め、2011年8月より、グローバルインフォ(株)取締役に就任。



インプライド・ボラティリティに魅せられたIVです。好きな通貨はNZドルです。



1982年山口県生まれ。九州大学卒業後、FX会社に入社。元外銀ディーラーから為替の基礎を学ぶ。カバーディールや決済業務、情報配信を担当。ディーラー同士のつながりから和田と縁があり、グローバルインフォに記者として入社。



豪ドル円で三振の山を築いた嫌な経験がありますが、それでも豪ドルの魅力には抗えません。オセアニア通貨の良さを伝えていきます。



ニックネームは「越後屋」。福井県出身。為替と体重の動向に注視してます。



にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


為替・FX ブログランキングへ

FX

ブログランキング

【今日の目線/相互リンク受付】


記事検索
  • ライブドアブログ