FXi24 今日の目線!

今井雅人(マット今井)・和田仁志・荻野金男が率いる、FXプロ集団のスーパーリアルコメント!

ユーロドル

年初来安値も視野だが、、

こんにちは、Dice-Kです。

アジア時間は比較的静かな相場となっていますが、依然としてドル買い方向のモメンタムはありそうですね。ユーロドルは重要な下値の目処だった6月18日安値の1.1181ドルを下抜けてしまい、売りが強まる格好に。本日のアジア時間には1.1143ドルまで下押ししています。5月23日につけた年初来安値の1.1107ドルも視野に入ってきており、面白くなってきた!と言いたいところですが、明日にECB理事会を控えているのがなんとも気掛かり。年初来安値の更新や節目の1.11ドル割れなどはECB理事会後に期待するべきでしょうか。。。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

チャート的には面白い

こんにちは、Dice-Kです。

アジア時間は午後になってもドル買いが優勢ですね。ドル円が108.18円まで上昇したことに伴い、ユーロドルも1.1190ドルまで下押ししています。ユーロは次の下値目処が6月18日安値の1.1181ドルとなりますが、ここを下抜けるとヘッド・アンド・ショルダーズのような格好。ECBとFOMCが今週-来週にかけて控えているのに売りの勢いがそこまで強まるとは思えませんが、一応注目しておきましょう。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

独景気の減速に予想以上の注目が

こんにちは、Dice-Kです。

4月独製造業PMI速報値の発表(結果44.5、予想45.0)からユーロ売りの動きが目立っていますね。この指標は前月もきついユーロ売りを招いていましたが、予想とかなり乖離していた前月(結果44.7、予想48.0)と違って今月はさほどですからね。。。それだけ市場がドイツの景気減速具合に敏感ということなのでしょう。なお、ユーロドルですが、次は10日安値の1.1230ドルがターゲットになりそうです。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

地合いが・・・

こんばんは。越後屋です。

欧州時間に入りましたが、株安こそ落ち着いたもののドル円は戻りが鈍いですね。アジア時間は円高でしたが、欧州は対ユーロでドル売りが加速しています。その影響から111.79円と際どいゾーンまで下げていますね。さあ、10月はここから2円超の反発となりましたが、この地合い。さてどうなるかですね。





FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

ちなみにユーロドルは

こんにちは、Dice-Kです。

先ほど述べましたユーロドルですが、意外に早く1.1300ドル割れを試しにきているようです。ちなみにここまでの1.13ドル割れ戦歴は8月15日(1.1301ドルと寸前まで迫ったものの失敗)、10月31日(1.1302ドルまで下げたが同じく失敗)の2戦2敗です。ただ、今回はいけそうな気がするんですよね。なお、この水準を突破するとテクニカル的には2017年6月安値の1.11ドル台まで下値余地が拡大することになります。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

ユーロドル次第でドル円もさらに上昇か

こんにちは、Dice-Kです。

アジア時間のドル円はしっかりですね。すでに前週末高値の114.09円は射程距離内、10月4日につけた直近高値の114.55円も視野に入ってきました。本日はベテランズデーの祝日で米国債券市場のみが休場扱いですが、実質的には為替市場も休場に近い状態が見込まれますので、勝負は欧州時間までとなります。ユーロドルが1.1300ドルの節目に迫っており、これを下抜けると対ユーロ主導でのドル買いがドル円にも波及・・・という展開もあるかもですね。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

大統領発言の影響は東京も続く

おはようございます。越後屋です。

昨日のトランプ米大統領の通貨安操作と思われても仕方ないような発言を受けたドル売りの流れは東京市場でもしっかりと引き継がれています。ユーロドルは戻りの目処として意識していた方も多いであろう1.15ドルを抜けるとストップ上げ。ストップ狙いのみだったので今は平穏ですが、欧州勢がどう動くかですね。ドル円については109.78円まで下げてその後はもみ合い。目立ったサポートは109円台前半までないので下攻めもしやすいかもしれませんが、急なバーンがあるドル円ですので注意は必要です。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
最終的な投資判断はお客様ご自身の判断でなさるようお願いします。内容については正確性、信頼性、安全性の確保に努めておりますが、保証するものではありません。この情報に基づくいかなる損害についても株式会社DZHフィナンシャルリサーチは責任を一切負いかねます。すべての情報は、株式会社DZHフィナンシャルリサーチが著作権を有しています。許可なく転用、複製、複写、改変、販売することは重大な法律違反となります。
スポンサードリンク




広告







最新記事
関連ブログ




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

広告
スポンサードリンク




Follow me.



広告









記者紹介




心理学などを駆使した独自の手法で17年間1年もマイナスなく勝ち続けた常勝トレーダー。内外の投資家にも太いパイプを持つ。元東京外為市場委員会委員、東京フォレックスクラブ理事歴任。



1968年長野県生まれ。立命館大学卒業後、米シティバンク・英スタンダードチャータード銀行で十数年間に渡りインターバンクディーラーとして一線で活躍。その後は、証券会社などで外国為替証拠金業務を立ち上げるなど、当業界にも精通している。 2006年8月からはニューヨークからホットな金融情報を提供する。2008年5月よりグローバルインフォの代表取締役社長に就任。



1974年、英国バークレーズ銀行東京支店入行後、同行初の日本人チーフ・ディーラーを勤め、ゴールドマン・サックス証券、英国ミッドランド銀行、香港上海銀行(HSBC)で外国為替部門の要職を歴任。その後はT&Cフイナンシャルリサーチ取締役編集長を務め、2011年8月より、グローバルインフォ(株)取締役に就任。



インプライド・ボラティリティに魅せられたIVです。好きな通貨はNZドルです。



1982年山口県生まれ。九州大学卒業後、FX会社に入社。元外銀ディーラーから為替の基礎を学ぶ。カバーディールや決済業務、情報配信を担当。ディーラー同士のつながりから和田と縁があり、グローバルインフォに記者として入社。



豪ドル円で三振の山を築いた嫌な経験がありますが、それでも豪ドルの魅力には抗えません。オセアニア通貨の良さを伝えていきます。



ニックネームは「越後屋」。福井県出身。為替と体重の動向に注視してます。



にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


為替・FX ブログランキングへ

FX

ブログランキング

【今日の目線/相互リンク受付】


記事検索
  • ライブドアブログ