皆様、こんにちは、Tamaraです

トルコ国債はバーナンキFRB議長の債券買い入れ規模の縮小の可能性を示唆した発言を受けて、売りが続いている。リラ建て債の利回りは23日に0.22%上昇し、2011以来の高水準である5.26%に達した。

ただ、市場関係者からは「ムーディーズ格付け会社が5月16日に11月のフィッチ・レーティングスの格上げに続いてトルコ債の格付けを投資適格級に引き上げたことが長期的にトルコ国債に対する需要を維持する公算が大きい」との指摘が聞かれ、今回のトルコ債売りが一時的な調整で終わる可能性が十分にある。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式