GI24 今日の目線!

今井雅人(マット今井)・和田仁志・荻野金男が率いる、FXプロ集団のスーパーリアルコメント!

人民元

中国が人民元切り下げを検討とか

こんにちは。越後屋です。

「中国は米国との貿易論争の対応策として人民元の切り下げを検討している」との報道でまず、人民元が急落でドル急伸。ユーロドルなど全通貨でドル高となり、豪ドル円などクロス円が売られました。そんななか、ドル円はガチャガチャとなりました。人民元の話になると結局はリスクオフとなる場面が過去何度もありましたので、今回もやや心配ですが・・・・


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

煮えきらず

こんにちは。越後屋です。

ドル円はまさしくさまよっている状況。下にも上にもいけず、短期勢がガチャガチャですね。正午過ぎに発表された中国貿易収支の悪化でドル高・人民元安が進んだ影響からドル円も我慢できず買い戻しという現状です。ただ、ここから買い上げるというのも。。。。やはり株式相場が落ち着かないという意見が大勢ですね。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

失速目立つ中国株、オペ見送りや理財商品の債務不履行を嫌気

こんにちは、フジモトです。

足もとで中国株の失速が目立っています。上海総合指数は1月29日に3587.03まで買い上げられた後に連日上値を切り下げ、2日には3388.86まで下落。1月29日高値から5%超下げていますね。背景には、中国人民銀行が公開市場操作(オペ)を7日連続見送り、資金逼迫が警戒されていることが挙げられます。また、中国金融当局の規制強化により、銀行や信託会社が販売した「理財商品」の投融資先が相次いで債務不履行に陥っており、信用収縮も懸念されているようです。

一方で、中国人民銀行は2日朝、外国為替市場での人民元取引の基準値となる「中間値」を1ドル=6.2885元にすると発表。2015年8月以来、2年半ぶりの元高水準となりました。足もとのドル安進行を反映した格好ですが、香港と中国本土株・債券の相互取引により、海外投資家からの資金流入が続いているともとれます。株安・元高から株安・元安に転じる状況となれば、信用収縮がさらに懸念される可能性もあり注意が必要でしょう。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

中国の年初やらかし(3年連続3度目)

こんばんは、フジモトです。

中国の米国債購入中断観測からドルの戻りが鈍い状況となっていますが、思えば中国の年初やらかしは3年連続3度目。2016年は上海株暴落の「チャイナショック」、2017年は「ドル人民元暴落」、そして今年は「米国債購入中断」と、一流プロ野球選手のベストナイン並みの安定感ですね。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

中国が主役のビットコイン売り

こんにちは、Dice-Kです。

ドル円は北朝鮮絡みで戻りの鈍い展開が続いていますね。そして先ほどからビットコインも売りが進んでします。中国人民銀行が「イニシャル・コイン・オファリングは違法であり、即時停止すべき」と通達したようですが、その後は綺麗にビットコイン売りとオフショアの人民元買いが進んでいます(下のチャートは左軸がビットコイン・円、右軸がドル・人民元)。市場参加者からは「今回のビットコイン売りの主役は中国のようだ」との声も聞かれました。


090403


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

ドル/人民元が急落 これは・・・

こんばんは、IVです。

市場では「ドル/人民元の急落」が話題になっております。バブルちっくな暗号通貨も足もと不安定ですしこれは6月なのに【セルインメイ】が来るのか!?中国きっかけに世界のマーケットに悪影響が出なければ良いですが・・・注意はしておきたいところです。

ドル/人民元チャート
CNH Curncy (Offshore Deliverable 2017-06-01 02-45-21


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

中国、急激な元高に誘導か 長期的な通貨政策とは関係ないとの見方も

こんにちは、Dice-Kです。

5日の為替市場では幅広い通貨に対してドル安が進行。市場では「オフショア人民元の上昇がドル売りのトリガーになった」との指摘がありました。人民元の急上昇の要因となったのが、香港市場での人民元の調達コストの上昇。5日の人民元のインプライド翌日物預金金利は90%台まで上昇し、本日も100%超の水準で高止まりしています。調達コストが上昇した結果、人民元の売り持ち解消が進み、オフショア人民元は5日に約2カ月ぶりの高値を更新しました。中国当局が今回の調達コスト上昇に関与したことは明らかでしょう。当局は昨年にもオフショア人民元相場を支援する対策を講じた経緯がありますので。
 もっとも、こうした動きは「長期的な中国の通貨政策とは関係ない」との見方が有力。中国当局は穏かに人民元安が進むことはむしろ歓迎だが、投機的な動きから一気に元安に進むのを容認しないというスタンスを示すことが目的だったようです。市場では「当局は急激な元高に誘導することで投機筋を懲らしめることができれば目的は達成されるため、今回のような措置は一時的なものになるだろう」との声も聞かれました。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
最終的な投資判断はお客様ご自身の判断でなさるようお願いします。内容については正確性、信頼性、安全性の確保に努めておりますが、保証するものではありません。この情報に基づくいかなる損害についてもグローバルインフォ株式会社は責任を一切負いかねます。すべての情報は、グローバルインフォ株式会社が著作権を有しています。許可なく転用、複製、複写、改変、販売することは重大な法律違反となります。
スポンサードリンク




広告







最新記事
関連ブログ




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

広告
スポンサードリンク




Follow me.



広告









記者紹介




心理学などを駆使した独自の手法で17年間1年もマイナスなく勝ち続けた常勝トレーダー。内外の投資家にも太いパイプを持つ。元東京外為市場委員会委員、東京フォレックスクラブ理事歴任。



1968年長野県生まれ。立命館大学卒業後、米シティバンク・英スタンダードチャータード銀行で十数年間に渡りインターバンクディーラーとして一線で活躍。その後は、証券会社などで外国為替証拠金業務を立ち上げるなど、当業界にも精通している。 2006年8月からはニューヨークからホットな金融情報を提供する。2008年5月よりグローバルインフォの代表取締役社長に就任。



1974年、英国バークレーズ銀行東京支店入行後、同行初の日本人チーフ・ディーラーを勤め、ゴールドマン・サックス証券、英国ミッドランド銀行、香港上海銀行(HSBC)で外国為替部門の要職を歴任。その後はT&Cフイナンシャルリサーチ取締役編集長を務め、2011年8月より、グローバルインフォ(株)取締役に就任。



インプライド・ボラティリティに魅せられたIVです。好きな通貨はNZドルです。



1982年山口県生まれ。九州大学卒業後、FX会社に入社。元外銀ディーラーから為替の基礎を学ぶ。カバーディールや決済業務、情報配信を担当。ディーラー同士のつながりから和田と縁があり、グローバルインフォに記者として入社。



豪ドル円で三振の山を築いた嫌な経験がありますが、それでも豪ドルの魅力には抗えません。オセアニア通貨の良さを伝えていきます。



ニックネームは「越後屋」。福井県出身。為替と体重の動向に注視してます。



にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


為替・FX ブログランキングへ

FX

ブログランキング

【今日の目線/相互リンク受付】


記事検索
  • ライブドアブログ