こんばんは、フジモトです。

ECBは政策金利の据え置きとともに、9月まで月額300億ユーロの資産買い入れを10-12月期は150億ユーロに減額し、12月で終了すると発表。もっとも、その後かなりの期間再投資すると表明したほか、政策金利は少なくとも2019年夏まで据え置きとのことで、かなりハト派的な内容と受け止められました。資産買い入れ終了を受けてユーロはいったん買われましたが、その後急落ですねアチャ~。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式