GI24 今日の目線!

今井雅人(マット今井)・和田仁志・荻野金男が率いる、FXプロ集団のスーパーリアルコメント!

原油

イラン核合意を離脱しない可能性で原油急落

こんばんは。越後屋です。

「トランプ米大統領がイラン核合意を離脱しない可能性」という報道がCNNから出てきました。これで原油先物相場は急落。株は持ち直すというややリスクオン的な感じでしょうか。カナダドルを中心としたドル高とも見えます。とりあえず、伸び悩んでいたドル円は復活という感じですね。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

イラン核合意、トランプ大統領の決断に警戒

こんばんは。越後屋です。

 米国がイラン核合意を離脱するか否かをトランプ大統領が決断する12日が迫っています。イラン核合意は2015年にドイツやロシア、米国など欧米主要6カ国でのイランに対する核開発の制限を取り決めた協定でしたが、そもそも、トランプ大統領は就任時からオバマ政権時に取り決めた本合意に対して「恥ずべきものであり、これまでで最悪の協定だ」と痛烈に批判していました。

 トランプ米大統領が指摘した点は「弾道ミサイルの開発を制限していないこと」と「中東での活動について制約を設けていないこと」の2つ。直近ではイスラエルのネタニエフ首相がイランによる秘密裏の核兵器開発計画に関する新たな資料を入手したと発表したことに対して各国が慎重姿勢を見せるなかで米国側は賛同しています。先日行われた米独・米仏首脳会談でのトランプ大統領への説得も実りませんでしたね。

 米国がイラン核合意から離脱すれば、考えられるリスクとしては米国がイランに対してさらなる制裁を課すこと、そしてイランと米国との対立悪化という地政学リスク。そうなれば足もとで堅調地合いが続く原油先物相場の一段高が想定されるほか、リスク・オフの株安を招く可能性もあります。イラン核合意の継続を望む欧州やロシアとの関係性も危ぶまれるでしょう。この決断は来週の市場が終了した後とあって、トランプ米大統領が如何なる決断を下そうとも週末に向けたポジション管理には十分徹底する必要があります。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

アナリスト『景気は好調。企業業績も良く、押し目買い』

こんばんは、フジモトです。連日株安の話題にならざるを得ませんが、「景気は好調。企業業績も良く、押し目買い」と余裕のコメントをしているアナリストが真っ青になるまで下がりそうな気がしてきました。前日高値を上抜ける下値切り上げ相場にならない限り、ムードは変わらないのではないかと。原油の60ドル割れも気になります。原油ロング勢はまだ切らされていないのでは。個人的にも押し目は拾いたいですが、まだまだな気がしてきました。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

原油の急落でリスクオフ

こんばんは、フジモトです。

原油先物相場の急落をきっかけにダウ平均も下落。カナダドルや豪ドルが売られ、円買い戻しが目立つなどリスクオフの動きが活発化しています。ドル円は5月米製造業新規受注が予想を下回ったことも後押しして113.08円まで失速していますね。原油については「OPECの産油量が増えた」「ロシアが減産に積極的でない」的なニュースも見られています。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

中東で色々と問題発生 原油はじわりと上昇

こんにちは、Dice-Kです。

先ほどバーレーンやサウジアラビア、エジプト、UAEがカタールに対して断交を通告したとの報道が伝わりました。原油供給に懸念が生じる可能性が意識されたことで原油先物相場はじりじりと上昇しています。原油先物相場の影響を受けた資源国通貨の動向には注意が必要ですね。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

原油相場の急落が相場を主導

こんばんは、Dice-Kです。

ブレイナード米連邦準備理事会(FRB)理事の講演は空振りでした。代わって相場を主導したのが原油相場。「石油輸出国機構(OPEC)と非加盟産油国は減産の9カ月延長で合意した」と伝わりましたが、一部では減産幅の拡大を期待する声もあったため、発表後は「sell the fact」の動きが加速。原油先物相場の下落→資源国のクロス円の下落→ドル円の下落という流れのようです。



FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

原油高でリスクオンとなっているが・・・

こんばんは。越後屋です。

今日は原油デーといわんばかりの一日ですね。欧州時間に入っても原油先物相場が2.5%超上昇したことで米長期金利と米株の上昇でリスクオン→ドル円はレジスタンスと見ていた113.55は簡単に通過。113.729までぶち上げる展開となりました。ただ、原油で上げた相場は長続きしないと見ますし、米小売直前の高値113.92付近をバックに売ってくる向きも多そうですので、ここからは戻り売りが正しいか?非常に難しいです。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
最終的な投資判断はお客様ご自身の判断でなさるようお願いします。内容については正確性、信頼性、安全性の確保に努めておりますが、保証するものではありません。この情報に基づくいかなる損害についてもグローバルインフォ株式会社は責任を一切負いかねます。すべての情報は、グローバルインフォ株式会社が著作権を有しています。許可なく転用、複製、複写、改変、販売することは重大な法律違反となります。
スポンサードリンク




広告







最新記事
関連ブログ




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

広告
スポンサードリンク




Follow me.



広告









記者紹介




心理学などを駆使した独自の手法で17年間1年もマイナスなく勝ち続けた常勝トレーダー。内外の投資家にも太いパイプを持つ。元東京外為市場委員会委員、東京フォレックスクラブ理事歴任。



1968年長野県生まれ。立命館大学卒業後、米シティバンク・英スタンダードチャータード銀行で十数年間に渡りインターバンクディーラーとして一線で活躍。その後は、証券会社などで外国為替証拠金業務を立ち上げるなど、当業界にも精通している。 2006年8月からはニューヨークからホットな金融情報を提供する。2008年5月よりグローバルインフォの代表取締役社長に就任。



1974年、英国バークレーズ銀行東京支店入行後、同行初の日本人チーフ・ディーラーを勤め、ゴールドマン・サックス証券、英国ミッドランド銀行、香港上海銀行(HSBC)で外国為替部門の要職を歴任。その後はT&Cフイナンシャルリサーチ取締役編集長を務め、2011年8月より、グローバルインフォ(株)取締役に就任。



インプライド・ボラティリティに魅せられたIVです。好きな通貨はNZドルです。



1982年山口県生まれ。九州大学卒業後、FX会社に入社。元外銀ディーラーから為替の基礎を学ぶ。カバーディールや決済業務、情報配信を担当。ディーラー同士のつながりから和田と縁があり、グローバルインフォに記者として入社。



豪ドル円で三振の山を築いた嫌な経験がありますが、それでも豪ドルの魅力には抗えません。オセアニア通貨の良さを伝えていきます。



ニックネームは「越後屋」。福井県出身。為替と体重の動向に注視してます。



にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


為替・FX ブログランキングへ

FX

ブログランキング

【今日の目線/相互リンク受付】


記事検索
  • ライブドアブログ