グローバルインフォ 今日の目線!

今井雅人(マット今井)・和田仁志・荻野金男が率いる、FXプロ集団のスーパーリアルコメント!

日米金利差

トランプネタが押し目になるほど

こんばんは、フジモトです。


このネタ(かなりのリツイート!)を受けて111.526円から111.003円まで急ピッチで下げたドル円でしたが、111.00円付近で下値の堅さを確認すると111.40円付近まで切り返しています。ダウ平均の70ドル超高や日経平均先物の60円高からもわかるように、トランプネタが押し目になるほど投資家のやる気は高いようです。

メスター米クリーブランド連銀総裁が「バランスシートの年内縮小開始を支持」「追加利上げは必要」と述べたましたが、これは昨日書いた「年4回にじわじわ調整?」の流れを後押しする発言。日米金利差拡大への思惑が高まりつつあるのかもしれません。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

日銀は据え置き、無難に通過したということは

こんにちは、フジモトです。

日銀は金融政策を据え置き。声明文にも特に変化は見られませんでした。ドル円は113.40円前後から113.26円付近まで下押ししましたが、勢いは続かず。基本的にはDice-Kと同じ考えで、今こそ押し目というか、日銀を無難に通過後は日米金利差拡大を意識した買いが再開しそうだなと考えてます。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

日本の金利↑ドル円↓

こんにちは、フジモトです。

昨日も日米金利上昇とドル円で書きましたが、日本の金利上昇が止まりません。午後に公表された30年債入札の結果は「無難だった」として一時債券買いとなる場面もありましたが、長続きせず債券売りが優位となりました。米国の金利は落ち着いているので、日米金利差が縮小しています。

日経平均株価が上昇していれば、債券安・株高のリスクオンになっていたと思いますが、日経は前日終値付近でウロウロ。日本の金利上昇だけが目立つ展開となっており、日米金利差縮小からドル円が戻りの鈍い展開となっています。

14時35分時点でドル円は101.42-45円と朝方の安値101.36円に接近。「101.00円までは買いとストップが混在」の状況に変わりはありませんが、101.00円を割り込むとやや大きめのストップがあるようです。弊社和田曰く「101.00円割れのストップを付けたところをみんな買いたいと思っている」とのこと。果たして!


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

日米金利上昇とドル円

こんにちは、フジモトです。

ここ数日暑くなっていますね。昨日は扇風機を掃除して今年初稼働させました!

さて、日本の債券先物市場で、先物中心限月である6月物は1円下落。前週末に続いてサーキットブレーカーが発動されました。足もとの10年債利回りを見てみると、7日の水準から10日にかけて0.198%上昇。

一方、米国の10年債利回りは7日の水準から10日にかけて0.152%上昇。

ドル円は終値ベースで7日から10日にかけて2円60銭上昇しています。

金利上昇のペースは米国より日本の方が速く、日米金利差は縮小。これは教科書的にはドル円にマイナスなんですが、ドル円は大幅に上昇しました。

ただ、日米金利差縮小がドル円にマイナスと一概には言えない面もあります。アジア時間に日本の金利が急上昇してもドル円は動かず、ニューヨーク時間に米国の金利が急上昇してドル円が上がる「いいとこどり」の現象が見られること。

日銀の「量的・質的金融緩和」を受けて、日銀が国債を大量に購入するとわかっているにもかかわらず、日本の債券先物相場が売られているということは、それ以外の資産(特に株式)に資金が向かっているということ。

間違いもあるかもしれませんが、思いつく限りではこういう背景がありそうです。

ドル円は日本の金利低下や円安というより、強い米雇用指標を受けた米金利上昇やドル高と言えそうです。




FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
最終的な投資判断はお客様ご自身の判断でなさるようお願いします。内容については正確性、信頼性、安全性の確保に努めておりますが、保証するものではありません。この情報に基づくいかなる損害についてもグローバルインフォ株式会社は責任を一切負いかねます。すべての情報は、グローバルインフォ株式会社が著作権を有しています。許可なく転用、複製、複写、改変、販売することは重大な法律違反となります。
スポンサードリンク




広告







最新記事
関連ブログ




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

広告
スポンサードリンク




Follow me.



広告









記者紹介




心理学などを駆使した独自の手法で17年間1年もマイナスなく勝ち続けた常勝トレーダー。内外の投資家にも太いパイプを持つ。元東京外為市場委員会委員、東京フォレックスクラブ理事歴任。



1968年長野県生まれ。立命館大学卒業後、米シティバンク・英スタンダードチャータード銀行で十数年間に渡りインターバンクディーラーとして一線で活躍。その後は、証券会社などで外国為替証拠金業務を立ち上げるなど、当業界にも精通している。 2006年8月からはニューヨークからホットな金融情報を提供する。2008年5月よりグローバルインフォの代表取締役社長に就任。



1974年、英国バークレーズ銀行東京支店入行後、同行初の日本人チーフ・ディーラーを勤め、ゴールドマン・サックス証券、英国ミッドランド銀行、香港上海銀行(HSBC)で外国為替部門の要職を歴任。その後はT&Cフイナンシャルリサーチ取締役編集長を務め、2011年8月より、グローバルインフォ(株)取締役に就任。



インプライド・ボラティリティに魅せられたIVです。好きな通貨はNZドルです。



1982年山口県生まれ。九州大学卒業後、FX会社に入社。元外銀ディーラーから為替の基礎を学ぶ。カバーディールや決済業務、情報配信を担当。ディーラー同士のつながりから和田と縁があり、グローバルインフォに記者として入社。



豪ドル円で三振の山を築いた嫌な経験がありますが、それでも豪ドルの魅力には抗えません。オセアニア通貨の良さを伝えていきます。



ニックネームは「越後屋」。福井県出身。為替と体重の動向に注視してます。



にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


為替・FX ブログランキングへ

FX

ブログランキング

【今日の目線/相互リンク受付】


  • ライブドアブログ