グローバルインフォ 今日の目線!

今井雅人(マット今井)・和田仁志・荻野金男が率いる、FXプロ集団のスーパーリアルコメント!

為替

週明け早朝も引き続き小動き

おはようございます。越後屋です。

週明けは静かに始まりましたね。イタリア政府が経営難の2行に対して公的資金を注入することを決めたようですが、今のところは特に相場への影響は限定的。エネルギーを溜めているのか、やる気がないのか、現時点では動いていないというしかない展開となっています。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

投機筋、ドル円のロング微減

こんばんは、フジモトです。

米商品先物取引委員会(CFTC)が26日発表した20日時点の建玉報告によると、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)の通貨先物市場で非商業部門(投機筋)のドル円のロングは4万9959枚と前回の5万553枚から594枚減少しました。また、ユーロドルのロングは4万4852枚と前回の7万9053枚から3万4201枚減少しました。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

注目のカナダCPIは弱く利上げ熱冷めるか

こんばんは。越後屋です。

最近注目のカナダ指標としては利上げに直結する重要指標CPIが先ほど発表されましたが、結果は予想を下回る弱い伸びとなりました。当局から利上げをにおわせる発言が相次いだほか、昨日も小売売上高が強い内容だったことでカナダドルの巻き戻しが強まっていましたが、いったん小休止ですかね。利上げ熱が冷まされる結果となりました。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

ドル円は動いていないが、謎のドル売りには注意

こんにちは、Dice-Kです。

ドル円は連日方向感の乏しい動きとなっていますね。111円台前半でどっぷりとぬるま湯につかっている感じです。ただ、他の通貨に関しては全般ドル売りが進んでいるようで、ちょっと注意する必要がありそうです。米長期金利が上昇しているにもかかわらずドル売りですから何らかのフローが出ているのかもしれません。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

強い小売統計で素直にカナダドル買い

こんばんは。越後屋です。

ドル円が全くやる気なしなのでその他通貨に目を向けるしかないですね。先ほど発表されたカナダ小売売上高が強い内容だったため、素直にカナダドル買いで反応しています。まあ、ただ原油の先行きが心配なので利上げ期待と指標好調VS軟調な原油でカナダドルは方向感がつかめませんね。さて、ドル円はというと20時前後からカナダ円の上昇につれて買い戻しが入った後、伸び悩んでいましたが、好指標でカナダ円が再び上昇すると買われるなど全く主体性なし。溜息しかないですね。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

フォーブスの発言には注意

こんにちは、Dice-Kです。

ドル円は株安を背景に下落するという、今週はよく見た流れが本日も続いていますね。そして今晩も指標結果に注意しつつも、基本は株・金利次第ということもこれまでと同じ。注意すべきは23日3時からのフォーブス英中銀金融政策委員会(MPC)委員による講演でしょうか。ここ最近はMPCメンバーの発言にポンド円が振らされてドル円も、、というパターンが続いていますので注意が必要です。利上げを主張するタカ派メンバーなのでタカ派の発言ならば影響はないと思いますが、ハト派な内容があった場合はポンドの下落につながるでしょうから。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

RBNZ、特にNZドル高のけん制なく

おはようございます。越後屋です。

RBNZが予想通り政策金利を据え置きましたが、

「金融政策はかなりの期間緩和的であり続けるだろう」
「多くの不確実性が残っており、政策を調整する必要がある可能性」
「長期的なインフレ期待は2%付近で定着したまま」
「住宅価格のインフレは特にオークランドで一段と緩やかになっている」
「為替レートは3月から3%程度上昇している」
「NZドルの下落は、貿易財部門への成長見通しの再調整に役立つだろう」

声明内容としては為替の文言がややいじってはきましたが、特に主だった変更はなし。利上げヒントとならず失望売りかと思いきや、発表後はNZドル高が進んでいます。足もとでNZドル高が進んでいたこともあり、中銀がNZドル高けん制の発言を入れてくるのではとの観測もあったようなので、今のところ容認と言う事でNZ↑↑となっています。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
最終的な投資判断はお客様ご自身の判断でなさるようお願いします。内容については正確性、信頼性、安全性の確保に努めておりますが、保証するものではありません。この情報に基づくいかなる損害についてもグローバルインフォ株式会社は責任を一切負いかねます。すべての情報は、グローバルインフォ株式会社が著作権を有しています。許可なく転用、複製、複写、改変、販売することは重大な法律違反となります。
スポンサードリンク




広告







関連ブログ




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

広告
スポンサードリンク




Follow me.



広告









記者紹介




心理学などを駆使した独自の手法で17年間1年もマイナスなく勝ち続けた常勝トレーダー。内外の投資家にも太いパイプを持つ。元東京外為市場委員会委員、東京フォレックスクラブ理事歴任。



1968年長野県生まれ。立命館大学卒業後、米シティバンク・英スタンダードチャータード銀行で十数年間に渡りインターバンクディーラーとして一線で活躍。その後は、証券会社などで外国為替証拠金業務を立ち上げるなど、当業界にも精通している。 2006年8月からはニューヨークからホットな金融情報を提供する。2008年5月よりグローバルインフォの代表取締役社長に就任。



1974年、英国バークレーズ銀行東京支店入行後、同行初の日本人チーフ・ディーラーを勤め、ゴールドマン・サックス証券、英国ミッドランド銀行、香港上海銀行(HSBC)で外国為替部門の要職を歴任。その後はT&Cフイナンシャルリサーチ取締役編集長を務め、2011年8月より、グローバルインフォ(株)取締役に就任。



インプライド・ボラティリティに魅せられたIVです。好きな通貨はNZドルです。



1982年山口県生まれ。九州大学卒業後、FX会社に入社。元外銀ディーラーから為替の基礎を学ぶ。カバーディールや決済業務、情報配信を担当。ディーラー同士のつながりから和田と縁があり、グローバルインフォに記者として入社。



豪ドル円で三振の山を築いた嫌な経験がありますが、それでも豪ドルの魅力には抗えません。オセアニア通貨の良さを伝えていきます。



ニックネームは「越後屋」。福井県出身。為替と体重の動向に注視してます。



にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


為替・FX ブログランキングへ

FX

ブログランキング

【今日の目線/相互リンク受付】


  • ライブドアブログ