FXi24 今日の目線!

今井雅人(マット今井)・和田仁志・荻野金男が率いる、FXプロ集団のスーパーリアルコメント!

米小売売上高

来週の注目は

こんばんは、フジモトです。

週末を間近に控えたNY市場は次第にまったりしてきました。ドル円は108.40円前後、ユーロドルは1.1400ドル前後で方向感が出ていません。来週の注目は13日の米小売売上高でしょうか。結局は原油先物相場の動向次第かもしれませんが、アルコアを皮切りに米主要企業の決算も続きます。相次ぐ円高けん制発言にいったん敬意を表した短期筋が来週どう出るか。個人的にはまだ下落トレンドかなと思いますが、果たして!


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

『介入準備OK』VS『鬼門の米小売売上高』

こんばんは、フジモトです。

やはり麻生財務・金融相から「為替市場については急激な変動は望まない」との介入準備OKアピールがきましたね。やる気を出していた売り方も当局から脅されたことで、これまでとは打って変わって下値を切り上げる動きとなりました。ただ、現在の状況から介入は考えにくいと個人的には思いますし、日銀のマイナス金利導入でも世界の状況を変えられないことが明らかになってしまったので、また上値が重くなるかなと。今日のドル円は113円台を回復できずにいますが、22時30分には鬼門の米小売売上高を控えています。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

安心できる内容だが

こんばんは、フジモトです。

11月米小売売上高は前月比0.2%増と市場予想の前月比0.2%増と同じだったでしたが、自動車を除いた数値は前月比0.4%増と市場予想の前月比0.3%増を上回りました。11月米卸売物価指数(PPI)と変動の大きい食品とエネルギーを除いたコア指数はともに前月比0.3%上昇と市場予想の横ばい、0.1%上昇を上回り、16日のFOMCでの利上げに向けては安心できる内容。ただ、ドル買いの反応は一時的。ドル円は121.64-67円まで反発も121.40円付近まで失速しています。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

原油発南ア経由リスクオフ

こんばんは、フジモトです。

原油発南ア経由のリスクオフが急に進みましたね。特に新しい材料が出たわけではなく、これまでの材料で動いている感じです。88.50円を割れたら速いかな~と思っていた豪ドル円は87.56円まで下落。今は87円台後半まで反発していてなかなか荒い値動きです。あとは鬼門の米小売売上高次第でしょうか。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

わずかに届かず

こんばんは、フジモトです。

弱い米小売売上高や米PPIへの反応は一時的で、強い米ミシガン大消費者態度指数速報値や米企業在庫には尾上下しながら総じて反応したところを見ると、なんとも現金というかやりたい放題ですね。ダウ平均や日経平均先物の下げ幅縮小も支えに122.99円まで持ち直しました。ただ、123円台回復にはわずかに届かず、今後は少し売られています。狭い値幅で非常にチョッピーでやりづらい展開です。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

ハードル高めな米小売売上高

こんばんは、フジモトです。

13日の金曜日である今日の、むしろ今週のメインイベントである10月米小売売上高ですが、市場予想は前月比0.3%増、自動車除く前月比0.4%増とハードルが高めです。あまり米小売売上高でいい思いをしたことがなく、予想を上回るのは難しいのかなとの思いに駆られますが、せめて予想通りか予想を若干下回るくらいなら米年内利上げ観測も後退しないんじゃないでしょうか。ドル円は着実に上値を切り下げていますし、景気のいい一発を見たいところですが。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

ヤメ時が悩ましい

おはようございます、フジモトです。

ダウ平均が行ったり来たりながら上値の重い展開となり、ドル円も122.80円台まで下がってきました。着実に上値が切り下がっている印象はありますが、米12月利上げが確実視されるなか押し目買い意欲も強い状況です。ドル円ロング派にとっては12月16日のFOMC後の材料出付くしが怖く、どこまで引っ張るかヤメ時が悩ましいところ。12月5日の米雇用統計、12月11日の米小売売上高あたりがポイントとなりそうです。とりあえずは今週末の13日の金曜日で方向感が出ると面白いですが。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
最終的な投資判断はお客様ご自身の判断でなさるようお願いします。内容については正確性、信頼性、安全性の確保に努めておりますが、保証するものではありません。この情報に基づくいかなる損害についても株式会社DZHフィナンシャルリサーチは責任を一切負いかねます。すべての情報は、株式会社DZHフィナンシャルリサーチが著作権を有しています。許可なく転用、複製、複写、改変、販売することは重大な法律違反となります。
スポンサードリンク




広告







最新記事
関連ブログ




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

広告
スポンサードリンク




Follow me.



広告







記者紹介




心理学などを駆使した独自の手法で17年間1年もマイナスなく勝ち続けた常勝トレーダー。内外の投資家にも太いパイプを持つ。元東京外為市場委員会委員、東京フォレックスクラブ理事歴任。



1968年長野県生まれ。立命館大学卒業後、米シティバンク・英スタンダードチャータード銀行で十数年間に渡りインターバンクディーラーとして一線で活躍。その後は、証券会社などで外国為替証拠金業務を立ち上げるなど、当業界にも精通している。 2006年8月からはニューヨークからホットな金融情報を提供する。2008年5月よりグローバルインフォの代表取締役社長に就任。



1974年、英国バークレーズ銀行東京支店入行後、同行初の日本人チーフ・ディーラーを勤め、ゴールドマン・サックス証券、英国ミッドランド銀行、香港上海銀行(HSBC)で外国為替部門の要職を歴任。その後はT&Cフイナンシャルリサーチ取締役編集長を務め、2011年8月より、グローバルインフォ(株)取締役に就任。



インプライド・ボラティリティに魅せられたIVです。好きな通貨はNZドルです。



1982年山口県生まれ。九州大学卒業後、FX会社に入社。元外銀ディーラーから為替の基礎を学ぶ。カバーディールや決済業務、情報配信を担当。ディーラー同士のつながりから和田と縁があり、グローバルインフォに記者として入社。



豪ドル円で三振の山を築いた嫌な経験がありますが、それでも豪ドルの魅力には抗えません。オセアニア通貨の良さを伝えていきます。



ニックネームは「越後屋」。福井県出身。為替と体重の動向に注視してます。



にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


為替・FX ブログランキングへ

FX

ブログランキング

【今日の目線/相互リンク受付】


記事検索
  • ライブドアブログ