こんにちは、フジモトです。

2日のブラジル株式相場やブラジルレアルは上昇しました。ブラジルの代表的な株式指数であるボベスパ指数は3.8%近い上げ幅となったほか、ドル・レアルは1ドル=3.9284レアルまで下落しました。ルセフ大統領は2日、現在ある省庁を39から31に削減し8つの閣僚ポストを廃止するほか、内閣改造や自身を含めた閣僚の給与削減を発表。米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が9月にブラジル格付けを「BBB-」から投資適格級未満となる「BB+」に引き下げており、財政収支の改善が急務となるなか、大統領と議会の関係が改善し歳出削減法案が承認されることへの期待感が高まった形です。

ドル・レアルは9月24日に史上最高値となる4.2478レアルまで上げた後、上値が切り下がっていて、ネックラインとして意識されている9月25日の安値3.8841レアルを下抜ければ下値余地が広がりそうです。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式