FXi24 今日の目線!

今井雅人(マット今井)・和田仁志・荻野金男が率いる、FXプロ集団のスーパーリアルコメント!

豪ドル

東京午前、豪ドルだけチョッピーな動きに

こんにちは。越後屋です。

東京午前の相場ですが、ドル円は仲値でちょっと買っただけの昨日と同じ展開。その他通貨で見ると、豪ドルがなぜかよくわかりませんが、まとまった買いが入って上に跳ねるといった動きを見せましたが、現時点では失速するなど誤発注だった可能性がある動きを見せています。とにかく市場参加者が少ない。





FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

NZが豪を逆転するとき

こんにちは。越後屋です。

今日も株式・金利市場はボラタイルな相場が続いて落ち着きませんが、為替市場でも非常にクリティカルな時を迎えている通貨があります。それが、豪ドル・NZドル。このペアでの取引は主流ではありませんが、現在、等価・パリティとなる1を割れそうな展開となっています。その背景など詳しいことについては、FXi24ニュースにて本日9時40分頃に配信した【越後屋の小言】をご覧いただければと思います。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

RBA総裁、発言は無難

こんにちは。越後屋です。

昨日はRBA会合での中立寄り声明で豪ドルは買われ、本日は会合後さっそくのロウ総裁講演に注目が集まっていましたが、結論から言えば無難に通過という状況です。去年のことがあったので構え過ぎた感がありますが、ほぼ声明文をなぞったような発言。この後質疑応答があるかどうかは不明ですが、とりあえず豪ドル売りをガンガン進めるような材料ではないようです。




FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

実は去年と一緒だった

おはようございます。越後屋です。

今日のRBA会合に注目が集まっていますが、週末のRBA総裁の議会証言も注目と昨日指摘させていただきましたが、実は明日も総裁の講演がありました。そして、去年を振り返ってみると、まったくおなじ2月会合の翌日に総裁講演があったんですね。しかも、その時は総裁講演で豪ドルが急落しました。詳細はツイッターにてつぶやいていますのでご参考ください。




FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

今週の注目は豪ドル

こんにちは。越後屋です。

先週の注目はポンドでしたが、今週は豪ドルです。まず、明日のRBA金利発表。これはなんだかんだで据え置きが予想となっていますが、一部ではサプライズの利下げの声もあるようです。据え置きだったとしても声明文の弱さなどにも注意が必要。あとは週末7日にロウRBA総裁の議会証言があります。これが一番曲者かも。。。。という感じで1週間を通じて話題がてんこ盛りとなっています。




FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

今の市場の注目は豪ドルか

こんにちは。越後屋です。

東京市場、依然としてコロナウイルスに対する投資家のリスク回避姿勢は続いています。為替市場ではドルと円が基本的には強く、弱いのは特に豪ドル。感染拡大で中国国内での経済がストップし、今後の先行きに懸念が広がっていることで中国と結びつきの強い豪ドルは狙い撃ちという状況です。明日には豪CPIがあり、来週はRBA金利発表です。CPIが悪ければ利下げが一気に高まりますし、逆に良ければ拮抗という荒い展開が想定されますので、来週にかけては豪ドルメインの相場展開となる可能性はあります。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

2月RBAの利下げはなしか、豪雇用統計を受けて予想も変化

こんにちは、Dice-Kです。

注目の豪雇用統計は強い結果となりました。新規雇用者数(2.89万人増、予想:1.50万人増)の内訳(非常勤雇用者数:2.92万人増、正規雇用者:0.03万人減)は非常に気になるところですが、失業率の低下もあって市場は好感しているようです。この結果を受けて、2月4日の豪中銀(RBA)の金利織り込み度が大きく変化しているとのこと。雇用指標の発表前まで0.25%の利下げを60%程度織り込んでいたのですが、発表後には25%まで低下してしまったようです。いささか単純すぎやしませんかと思うのですが、豪州の主要銀行も軒並み2月の利下げ予想を撤回していますし、そういうことなんでしょう。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
最終的な投資判断はお客様ご自身の判断でなさるようお願いします。内容については正確性、信頼性、安全性の確保に努めておりますが、保証するものではありません。この情報に基づくいかなる損害についても株式会社DZHフィナンシャルリサーチは責任を一切負いかねます。すべての情報は、株式会社DZHフィナンシャルリサーチが著作権を有しています。許可なく転用、複製、複写、改変、販売することは重大な法律違反となります。
スポンサードリンク




広告







最新記事
関連ブログ




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

広告
スポンサードリンク




Follow me.



広告







記者紹介




心理学などを駆使した独自の手法で17年間1年もマイナスなく勝ち続けた常勝トレーダー。内外の投資家にも太いパイプを持つ。元東京外為市場委員会委員、東京フォレックスクラブ理事歴任。



1968年長野県生まれ。立命館大学卒業後、米シティバンク・英スタンダードチャータード銀行で十数年間に渡りインターバンクディーラーとして一線で活躍。その後は、証券会社などで外国為替証拠金業務を立ち上げるなど、当業界にも精通している。 2006年8月からはニューヨークからホットな金融情報を提供する。2008年5月よりグローバルインフォの代表取締役社長に就任。



1974年、英国バークレーズ銀行東京支店入行後、同行初の日本人チーフ・ディーラーを勤め、ゴールドマン・サックス証券、英国ミッドランド銀行、香港上海銀行(HSBC)で外国為替部門の要職を歴任。その後はT&Cフイナンシャルリサーチ取締役編集長を務め、2011年8月より、グローバルインフォ(株)取締役に就任。



インプライド・ボラティリティに魅せられたIVです。好きな通貨はNZドルです。



1982年山口県生まれ。九州大学卒業後、FX会社に入社。元外銀ディーラーから為替の基礎を学ぶ。カバーディールや決済業務、情報配信を担当。ディーラー同士のつながりから和田と縁があり、グローバルインフォに記者として入社。



豪ドル円で三振の山を築いた嫌な経験がありますが、それでも豪ドルの魅力には抗えません。オセアニア通貨の良さを伝えていきます。



ニックネームは「越後屋」。福井県出身。為替と体重の動向に注視してます。



にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


為替・FX ブログランキングへ

FX

ブログランキング

【今日の目線/相互リンク受付】


記事検索
  • ライブドアブログ