FXi24 今日の目線!

今井雅人(マット今井)・和田仁志・荻野金男が率いる、FXプロ集団のスーパーリアルコメント!

豪ドル

ロウ発言で豪ドル売り

こんにちは、Dice-Kです。

トランプの一般教書演説待ちでそれまでは動かないと思われていたアジア時間ですが、ここにきて豪ドル売りですね。ロウ豪準備銀行(RBA)総裁は今後の金融政策について、これまで「次の一手は利上げ」としていましたが、今回は「一段と均衡している」と述べました。要するに「次は利上げか利下げか分からん」と示したようなものですから、はっきりとハト派の方向に振れた格好です。当然ながら豪ドル売りが炸裂です。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

豪ドル、売り先行からのショートカバー

こんにちは、Dice-Kです。

本日の主役である豪ドルはやや荒い動きになっていますね。
9時30分発表の豪小売売上高が予想より弱い結果となり、まずは豪ドル売りで反応。もっとも、12時30分に豪中銀の金融政策が公表されると、一転買い戻しです。
政策金利は1.50%で据え置きと予想通りだったわけですが、最近弱い豪指標が目立っていたこともあって、どうも市場では声明文の内容をハト派的なものに変えてくるとの予想が多かったようです。ところが声明文は今後の金融政策に関する部分(最後の段落)が前回から一言一句同じだったものですから、午前に豪ドルを売っていた分も含めてあわててショートカバー!!という流れです。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

豪ドルの下落の背景

こんにちは。越後屋です。

先ほどから豪ドルが下落しています。きっかけは豪ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)が住宅ローン金利の引き上げを発表したことです。住宅ローン問題はどの国もそうですが、サブプライム以降、気にかけていることですが、この問題が金利引き上げにより深刻化するとの懸念ですね。それがRBAの利上げをさらに後ずれさせるとの思惑から豪ドルが全面安の展開となっています。これはまだ、欧米市場は織り込んでいないので、このあとの海外市場では要注意ですかね。




FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

依然として相場は神経質

こんにちは、Dice-Kです。

欧州勢の参入後はユーロの下げが比較的目立っていますね。「コンテ伊政権が欧州中央銀行(ECB)に対して債券購入プログラムを要請した」との報道が伝わり、ユーロを買いにくい地合いとなっているようです。朝方のカナダドル買いもそうですし、先ほどは豪大手ウェストパック銀行が変動金利型住宅ローンを引き上げたことで豪ドル売りが出たようですし、依然として個別のニュースに振らされる神経質な展開が続いています。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

豪政局不安、これでひとまず落ち着くか

こんにちは。越後屋です。

豪党首選が行なわれました。最終的にはモリソン財務相とダットン元内相の一騎打ちとなったワケですが、結果はモリソン財務相の勝利。これでひとまずいざこざ終了ということで豪ドル上昇です。




FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

今度は豪政局不安で攻めるのか

おはようございます。越後屋です。

政局不安ネタであふれている昨今ですが、今度はオーストラリア。ターンブル首相 が掲げる温室効果ガス削減義務の法制化などのエネルギー政策に対して党内から反発が出たり、与党自由党の支持率が低迷し続けているなど、首相に対する逆行が目覚ましかったわけですが、21日に党首選で敗北したダットン内相が再び党首選に出ると表明し、それに続けと金融相やら雇用担当相やらが辞任。ということで政局不安から豪ドル安となっています。ただ、そもそも自由党の未来はないと思うけど。




FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

RBA金融政策は無風通過

こんにちは、Dice-Kです。

RBAの金融政策が先ほど発表されましたが、政策金利は予想通り1.50%で据え置きでした。声明文でも先行きの政策について述べている最後の段落は前回から一言一句変更されておらず、これではさすがに大きな反応は見られませんね。豪ドルは政策発表前と比べて小幅に上昇しましたが、まあ小動きで済んでしまう程の値幅です。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
最終的な投資判断はお客様ご自身の判断でなさるようお願いします。内容については正確性、信頼性、安全性の確保に努めておりますが、保証するものではありません。この情報に基づくいかなる損害についても株式会社DZHフィナンシャルリサーチは責任を一切負いかねます。すべての情報は、株式会社DZHフィナンシャルリサーチが著作権を有しています。許可なく転用、複製、複写、改変、販売することは重大な法律違反となります。
スポンサードリンク




広告







関連ブログ




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

広告
スポンサードリンク




Follow me.



広告









記者紹介




心理学などを駆使した独自の手法で17年間1年もマイナスなく勝ち続けた常勝トレーダー。内外の投資家にも太いパイプを持つ。元東京外為市場委員会委員、東京フォレックスクラブ理事歴任。



1968年長野県生まれ。立命館大学卒業後、米シティバンク・英スタンダードチャータード銀行で十数年間に渡りインターバンクディーラーとして一線で活躍。その後は、証券会社などで外国為替証拠金業務を立ち上げるなど、当業界にも精通している。 2006年8月からはニューヨークからホットな金融情報を提供する。2008年5月よりグローバルインフォの代表取締役社長に就任。



1974年、英国バークレーズ銀行東京支店入行後、同行初の日本人チーフ・ディーラーを勤め、ゴールドマン・サックス証券、英国ミッドランド銀行、香港上海銀行(HSBC)で外国為替部門の要職を歴任。その後はT&Cフイナンシャルリサーチ取締役編集長を務め、2011年8月より、グローバルインフォ(株)取締役に就任。



インプライド・ボラティリティに魅せられたIVです。好きな通貨はNZドルです。



1982年山口県生まれ。九州大学卒業後、FX会社に入社。元外銀ディーラーから為替の基礎を学ぶ。カバーディールや決済業務、情報配信を担当。ディーラー同士のつながりから和田と縁があり、グローバルインフォに記者として入社。



豪ドル円で三振の山を築いた嫌な経験がありますが、それでも豪ドルの魅力には抗えません。オセアニア通貨の良さを伝えていきます。



ニックネームは「越後屋」。福井県出身。為替と体重の動向に注視してます。



にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


為替・FX ブログランキングへ

FX

ブログランキング

【今日の目線/相互リンク受付】


記事検索
  • ライブドアブログ