グローバルインフォ 今日の目線!

今井雅人(マット今井)・和田仁志・荻野金男が率いる、FXプロ集団のスーパーリアルコメント!

金融政策

日銀は据え置き、無難に通過したということは

こんにちは、フジモトです。

日銀は金融政策を据え置き。声明文にも特に変化は見られませんでした。ドル円は113.40円前後から113.26円付近まで下押ししましたが、勢いは続かず。基本的にはDice-Kと同じ考えで、今こそ押し目というか、日銀を無難に通過後は日米金利差拡大を意識した買いが再開しそうだなと考えてます。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

①おいしい水に入れ替えました②オオカミが来るぞ!

こんばんは、フジモトです。

日銀が「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」を導入しましたね。中身は2つ。1つ目は短期金利をマイナス0.1%、長期金利(10年債利回り)をゼロ%程度に「指値オペ」で操作する「イールドカーブ・コントロール」。2つ目は2%の物価安定の目標を「安定的に持続するために必要な時点まで」緩和を継続する「オーバーシュート型コミットメント」です。 

1つ目の「イールドカーブ・コントロール」については、黒田日銀総裁の「長期国債買い入れ80兆円からの増減あり得る」発言が失望されています。「新しい枠組みはテーパリングではない」とも述べていますが、現在マイナス0.03%程度の10年債利回りをゼロ%程度にする、つまり長期国債の買い入れを控えるということは、事実上のテーパリングじゃないかと見ているようです。長短金利を深堀りすれば買い入れ増額せざるを得ないのですが、今回は深掘りせず。緩和は既に限界なのか、それとも温存か。また、やり方が「指値オペ」と聞いてSNBのスイスフラン上限設定を連想しました。債券相場がユーロスイスのようになりそうですし、やめた時の反動がすごいことになりそう。長短金利差を付けて金融機関の収益には配慮した形です。

2つ目の「オーバーシュート型コミットメント」についてですが、「総括的な検証」の中で予想物価上昇率を上昇させるためには「フォワード・ルッキングな期待形成」と「適合的な期待形成」が重要と指摘されています。「フォワード・ルッキングな期待形成」とは日銀を信じて物価上昇を予想すること。「適合的な期待形成」とは「原油が下がって物価も下がってるし今後も上がるわけない」と予想すること。その背景として日銀は「前年度の物価動向を参照して賃金決定する春闘」を挙げています。現在は「適合的な期待形成」が強く、ここから「フォワード・ルッキングな期待形成」を取り戻すために、2%目標を「安定的に持続するために必要な時点まで」緩和を継続すると約束したとのこと。

いろいろ長く書きましたが、今までよりコミュニケーションを取ろうという姿勢はあるものの、ほんとに効くのでしょうか。「原油」や「春闘」を背景に挙げるならその上昇率を目標にすべきですし、日銀は直接関われない分野。今回の政策で賃金上昇の可能性があるのは日銀が配慮した金融機関だけなのでは?結局、馬を水辺につれて行くことはできても、いくらおいしい水に入れ替えても、お腹いっぱいの馬に水を飲ませることはできませんし、「オオカミが来るぞ!」と何度叫んでも、本当にオオカミが来なければ信用されなくなります。原油高や構造改革、人口増、景気回復などの実体が伴ってなんぼということなんでしょうか。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
最終的な投資判断はお客様ご自身の判断でなさるようお願いします。内容については正確性、信頼性、安全性の確保に努めておりますが、保証するものではありません。この情報に基づくいかなる損害についてもグローバルインフォ株式会社は責任を一切負いかねます。すべての情報は、グローバルインフォ株式会社が著作権を有しています。許可なく転用、複製、複写、改変、販売することは重大な法律違反となります。
スポンサードリンク




広告







最新記事
関連ブログ




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

広告
スポンサードリンク




Follow me.



広告









記者紹介




心理学などを駆使した独自の手法で17年間1年もマイナスなく勝ち続けた常勝トレーダー。内外の投資家にも太いパイプを持つ。元東京外為市場委員会委員、東京フォレックスクラブ理事歴任。



1968年長野県生まれ。立命館大学卒業後、米シティバンク・英スタンダードチャータード銀行で十数年間に渡りインターバンクディーラーとして一線で活躍。その後は、証券会社などで外国為替証拠金業務を立ち上げるなど、当業界にも精通している。 2006年8月からはニューヨークからホットな金融情報を提供する。2008年5月よりグローバルインフォの代表取締役社長に就任。



1974年、英国バークレーズ銀行東京支店入行後、同行初の日本人チーフ・ディーラーを勤め、ゴールドマン・サックス証券、英国ミッドランド銀行、香港上海銀行(HSBC)で外国為替部門の要職を歴任。その後はT&Cフイナンシャルリサーチ取締役編集長を務め、2011年8月より、グローバルインフォ(株)取締役に就任。



インプライド・ボラティリティに魅せられたIVです。好きな通貨はNZドルです。



1982年山口県生まれ。九州大学卒業後、FX会社に入社。元外銀ディーラーから為替の基礎を学ぶ。カバーディールや決済業務、情報配信を担当。ディーラー同士のつながりから和田と縁があり、グローバルインフォに記者として入社。



豪ドル円で三振の山を築いた嫌な経験がありますが、それでも豪ドルの魅力には抗えません。オセアニア通貨の良さを伝えていきます。



ニックネームは「越後屋」。福井県出身。為替と体重の動向に注視してます。



にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


為替・FX ブログランキングへ

FX

ブログランキング

【今日の目線/相互リンク受付】


  • ライブドアブログ