GI24 今日の目線!

今井雅人(マット今井)・和田仁志・荻野金男が率いる、FXプロ集団のスーパーリアルコメント!

ECB

ECB金融政策の発表を控えてユーロが上昇

こんにちは、Dice-Kです。

ユーロは欧州勢の参入後に買いが強まり、ユーロドルは一時1.1967ドルまで値を上げました。欧州中央銀行(ECB)の金融政策発表を今夜に控えて持ち高調整の買いが入っているようです。もっとも、昨日には「ECBはQEに関して10月26日の理事会まで決定に至る公算は小さい」との報道が伝わったほか、ドラギECB総裁が記者会見でユーロ高について言及する可能性もあるので注意が必要となります。また、ECBのスタッフ見通しも公表されるため、インフレ見通しにも注目です。目先の上値目処は1日高値の1.1980ドルや8月29日高値の1.20702ドルなどが意識されています。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

決戦の木曜日

こんばんは、フジモトです。

本日のユーロドルは底堅く推移していますが、8月27日に1.20702ドルまで急伸したあとは1.18ドル台前半から1.19ドル台後半で方向感が出ていませんね。1.1200ドルに近づいた途端、「ECBはテーパリングの準備が出来ていない」報道が出てくるイメージはありますが、明日はECB定例理事会やドラギECB総裁の定例記者会見が予定される決戦の木曜日。昨年12月から(特に4月から)綺麗な上昇トレンドですが、今年上手くいってないディーラー達が年末に向けて勝負をかけてくるなら、上下どちらにしても動きが出てきそうです。


usdyen2y


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

ノボトニーがユーロ高容認発言

こんばんは、フジモトです。

ノボトニー・オーストリア中銀総裁が・・・

「我々はユーロ高を誇張して表現すべきでない」
「ユーロの動きは歴史的なレンジの範囲内にある」
「ECBはどのように注意深く政策を正常化するか決める必要」
「低金利に副作用があるのは明らか」

などと発言したことでユーロが買われていますね。昨日の報道の火消しに回った形です。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

ECB当局者のユーロ高懸念報道で

こんばんは、フジモトです。


8月HICP速報値を受けて一時1.19ドル台を回復したユーロドルですが、この報道を受けて一転下落しています。取り急ぎ。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

ECBテーパリング決定は10月26日?

こんばんは。越後屋です。

ドラギマジックによるユーロ急騰劇はとりあえずいったん落ち着いた形となっています。先ほど一部関係者の話として「ECBのテーパリング決定、10月までかかる可能性」と報道がありましたが、やはり9月ではなく10月26日会合での決定が濃厚になってきましたね。ユーロドルはこの報道には反応はありませんが、2015年8月24日高値の1.1715ドルが視野に入ってきました。この日は忘れもしない、チャイナショックとして日経平均先物が1000円安、ダウ平均が1000ドル安、ドル円が6円急落したあの日です。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

オセアニア通貨の上昇が激しいが

こんばんは、フジモトです。

ECBの緩和縮小観測を背景に買い戻されていたユーロドルですが、ユーロ豪ドルやユーロカナダドルなどユーロクロスが重く、再び弱含んでいますね。ここ数日はオセアニア通貨の上昇が激しく、ユーロも振らされています。オセアニア通貨には緩和縮小観測は出ていないはずですが、一足お先のカナダドルをきっかけに資源国通貨の循環物色みたいな形になってるんでしょうか。ただのフローで上がっているとすれば、ユーロは押し目買い、オセアニア通貨は戻り売りのチャンスかもしれませんね。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

ECB、9月に緩和縮小を発表?そしてドラギ総裁が・・・

こんばんは。越後屋です。

「ECBは9月7日の会合でQEを段階的に縮小する計画を公表する可能性がある」とダウジョーンズ通信社が伝えました。そして、WSJが「ドラギECB総裁は8月に行われる米ジャクソンホールでのシンポジウムで演説を行うようだ」と時間を合わせるように伝えました。ということはジャクソンホールで匂わして9月に縮小を発表という思惑が急速に高まり、独長期金利は低下幅縮小。ユーロは若干反発していますが、材料視されるのはこれからか。突然の出来事でまだ消化できていない状況です。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
最終的な投資判断はお客様ご自身の判断でなさるようお願いします。内容については正確性、信頼性、安全性の確保に努めておりますが、保証するものではありません。この情報に基づくいかなる損害についてもグローバルインフォ株式会社は責任を一切負いかねます。すべての情報は、グローバルインフォ株式会社が著作権を有しています。許可なく転用、複製、複写、改変、販売することは重大な法律違反となります。
スポンサードリンク




広告







最新記事
関連ブログ




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

広告
スポンサードリンク




Follow me.



広告









記者紹介




心理学などを駆使した独自の手法で17年間1年もマイナスなく勝ち続けた常勝トレーダー。内外の投資家にも太いパイプを持つ。元東京外為市場委員会委員、東京フォレックスクラブ理事歴任。



1968年長野県生まれ。立命館大学卒業後、米シティバンク・英スタンダードチャータード銀行で十数年間に渡りインターバンクディーラーとして一線で活躍。その後は、証券会社などで外国為替証拠金業務を立ち上げるなど、当業界にも精通している。 2006年8月からはニューヨークからホットな金融情報を提供する。2008年5月よりグローバルインフォの代表取締役社長に就任。



1974年、英国バークレーズ銀行東京支店入行後、同行初の日本人チーフ・ディーラーを勤め、ゴールドマン・サックス証券、英国ミッドランド銀行、香港上海銀行(HSBC)で外国為替部門の要職を歴任。その後はT&Cフイナンシャルリサーチ取締役編集長を務め、2011年8月より、グローバルインフォ(株)取締役に就任。



インプライド・ボラティリティに魅せられたIVです。好きな通貨はNZドルです。



1982年山口県生まれ。九州大学卒業後、FX会社に入社。元外銀ディーラーから為替の基礎を学ぶ。カバーディールや決済業務、情報配信を担当。ディーラー同士のつながりから和田と縁があり、グローバルインフォに記者として入社。



豪ドル円で三振の山を築いた嫌な経験がありますが、それでも豪ドルの魅力には抗えません。オセアニア通貨の良さを伝えていきます。



ニックネームは「越後屋」。福井県出身。為替と体重の動向に注視してます。



にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


為替・FX ブログランキングへ

FX

ブログランキング

【今日の目線/相互リンク受付】


  • ライブドアブログ