グローバルインフォ 今日の目線!

今井雅人(マット今井)・和田仁志・荻野金男が率いる、FXプロ集団のスーパーリアルコメント!

FOMC議事要旨

足踏みしているが

こんばんは、フジモトです。

ダウ平均は20000ドルを前にどうも足踏みしていますね。ドル円も118円台が重い印象で、何か材料がないと上サイドは難しそうです。ただ、個人的には昨年12月30日安値の116.046円を下抜けない限りドル高のスタンス。4時にはFOMC議事要旨、明日はADP全米雇用報告、あさっては米雇用統計と重要イベントが続きます。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

FOMC議事要旨『意見分かれたから待つわ』

こんばんは、フジモトです。

FOMC議事要旨では・・・

「委員は利上げが早期に必要かどうかで意見が分かれた」
「複数の委員は早期が利上げが正当化されると判断」
「2名の委員は7月の利上げを支持」
「委員は経済を評価するためさらなるデータを待つことで一致」
「幾人かの委員、インフレ加速しても対応時間は十分と判断」
「幾人かの委員、低金利からの金融リスクを懸念」

などと伝わりました。結局「意見分かれたから待つわ」という感じですね。ダドリー発言で9月利上げの可能性が意識されていただけに、早期利上げ観測を高める内容ではなかったという印象か。ドルは買いで反応した直後、ドル売りの展開です。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

欧州でもドルは底堅く

こんばんは、IVです。

欧州時間に入りました。ドル円だけ見ると日経平均先物の下落で上値が重い感じですが、ドル全体で見ると割と底堅い印象です。やはりハト派とされるダドリーNY連銀総裁の前日の発言が効いているようです。ただ、きょうは夜中にFOMC議事要旨があるので、注意が必要です。「最近、反応しやすい」との指摘もありますし・・・。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

109円台にしっかり突入

こんばんは、フジモトです。

昨日のドル円は110円割れワンタッチでしたが、先ほど109.825円としっかり109円台に突入してきました。110.00円手前で結構粘っていたので、110円台を早々に回復できないとあきらめて売ってくる向きもいそうです。FOMC議事要旨も控えていますが、ムードが悪いので利上げ観測後退はドル安、利上げ観測高まっても株安円高か?


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

FOMC議事要旨でまたまたドル安

こんばんは、フジモトです。

FOMC議事要旨では・・・

「多くの当局者がギリシャについて懸念を表明」
「利上げ開始を正当化する状況になお近づいている」
「多くの当局者が時期尚早の利上げをしないよう警告」
「見通しに対して慎重になる根拠を多く指摘」
「1人のメンバーが利上げの用意があるとしたが待つことに」
「幾人かの当局者は中国成長ペースの不透明感に言及」
「弱い上半期成長が売り上げ抑制につながり得ると一部が指摘」

などと伝わりました。早期利上げ観測を高める内容ではなかったとの見方から、米金利低下とともに次第にドル売りが優位に。ドル円は120.47円の安値まで下げています。本当に今日はリスクオフ一色ですね。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

FOMC『6月利上げたぶんないけどなくもない』

こんばんは、フジモトです。

FOMC議事要旨では「多くの当局者は6月利上げの可能性が低いと判断」「6月利上げは概して除外されない」「利上げのタイミングについて様々な意見がある」などと伝わりました。FOMC内で利上げについて見方が分かれるなか、ドル円は120.98-01円まで下押しした直後、121.49円の高値まで一転上昇したものの、米10年債利回りの低下幅拡大に押されて120.91-94円まで再び下げています。まさにどっちに反応したらいいかわからない内容です。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

『ウラ話』があるかどうか

こんばんは、フジモトです。

今日は米主要指標の発表は予定されていませんが、21日3時のFOMC議事要旨が本日のメインイベント。4月29日のFOMC声明では「冬季の経済成長の減速は一過性の要因を一部反映」「第一四半期以降、経済活動は緩やかなペースで拡大するとともに、雇用も目標に向かって改善していくと予想」などと伝わりドルを買い戻す反応でした。「6月利上げの可能性を事実上排除しなかったこともドル買い要因となったようだ」との見方も広がっていましたね。個人的には声明では表に出なかった「ウラ話」があるかどうかに注目しています。早期利上げ観測を後退させる「ウラ話」が伝われば、最近のドル高を調整したい向きに利用されるかもしれませんので。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
最終的な投資判断はお客様ご自身の判断でなさるようお願いします。内容については正確性、信頼性、安全性の確保に努めておりますが、保証するものではありません。この情報に基づくいかなる損害についてもグローバルインフォ株式会社は責任を一切負いかねます。すべての情報は、グローバルインフォ株式会社が著作権を有しています。許可なく転用、複製、複写、改変、販売することは重大な法律違反となります。
スポンサードリンク




広告







関連ブログ




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

広告

スポンサードリンク




Follow me.



広告









記者紹介




心理学などを駆使した独自の手法で17年間1年もマイナスなく勝ち続けた常勝トレーダー。内外の投資家にも太いパイプを持つ。元東京外為市場委員会委員、東京フォレックスクラブ理事歴任。



1968年長野県生まれ。立命館大学卒業後、米シティバンク・英スタンダードチャータード銀行で十数年間に渡りインターバンクディーラーとして一線で活躍。その後は、証券会社などで外国為替証拠金業務を立ち上げるなど、当業界にも精通している。 2006年8月からはニューヨークからホットな金融情報を提供する。2008年5月よりグローバルインフォの代表取締役社長に就任。



1974年、英国バークレーズ銀行東京支店入行後、同行初の日本人チーフ・ディーラーを勤め、ゴールドマン・サックス証券、英国ミッドランド銀行、香港上海銀行(HSBC)で外国為替部門の要職を歴任。その後はT&Cフイナンシャルリサーチ取締役編集長を務め、2011年8月より、グローバルインフォ(株)取締役に就任。



インプライド・ボラティリティに魅せられたIVです。好きな通貨はNZドルです。



1982年山口県生まれ。九州大学卒業後、FX会社に入社。元外銀ディーラーから為替の基礎を学ぶ。カバーディールや決済業務、情報配信を担当。ディーラー同士のつながりから和田と縁があり、グローバルインフォに記者として入社。



豪ドル円で三振の山を築いた嫌な経験がありますが、それでも豪ドルの魅力には抗えません。オセアニア通貨の良さを伝えていきます。



ニックネームは「越後屋」。福井県出身。為替と体重の動向に注視してます。



にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


為替・FX ブログランキングへ

FX

ブログランキング

【今日の目線/相互リンク受付】


  • ライブドアブログ