FXi24 今日の目線!

今井雅人(マット今井)・和田仁志・荻野金男が率いる、FXプロ集団のスーパーリアルコメント!

FOMC

思惑的に買われただけに伸び悩むも

こんばんは、フジモトです。

明日までFOMCでの利上げが確実視されるなか、21時30分の5月米CPIを前に110.43円まで思惑的に買われたドル円ですが、米CPIやコア指数がいずれも予想通りの結果となると伸び悩み。本日高値の110.49円がレジスタンスとして意識された面もあるようです。とはいえ、総じて110.30円前後でのもみ合い。明日のFOMC結果公表まで様子見ムードでしょうか。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

FOMCを終えて

おはようございます、Dice-Kです。

昨夜は注目のFOMCがありましたが、反応は限定的ですね。声明文の公表直後にはドル売りで反応したため、「予想ほどタカ派ではなかった」との見方もあったようですが、その後は再びドル買いが進んでいます。個人的に声明文で気になったところといったら、2%のインフレ目標のところに「symmetric」という文言を加えたことでしょうか。「対称的な」と言われてもなかなか理解しづらいですが、市場では「2%を超えるインフレを許容する姿勢を示唆した」との意見もあるようです。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

110.00円上抜けにいったん失敗も

こんにちは、フジモトです。

朝方に109.92円まで買われたドル円ですが、110.00円の上抜けに失敗すると109.65円まで利食い売りに押されました。さすがに日本の4連休やFOMC、米雇用統計を控えてポジション調整というところでしょうか。ただ、これだけの上昇スピードだっただけに、買えてない向きも多いはずで、やはり何かきっかけがあれば110.00円突破しそうな雰囲気です。FOMC声明ではインフレに関する文言が変わるのではないかとの憶測もあるようで、6月利上げが確実視される内容となるか注目です。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

上下に振れたものの、次第にドル安

こんばんは、Dice-Kです。

FOMC後のドル円ですがひどい動きですね。106.03円まで一瞬下げた後、106.64円まで反発したのですが、再び105.95円まで下落しています。なお、FOMCは0.25%の利上げを実施、2018年の見通しはあと2回の利上げ(前回から変わらず)となっています。上下に振らされたことで分かりにくくなっていますが、市場の方向性はドル安のようです。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

NAFTA協議で米国の態度軟化報道、カナダドル↑

おはようございます、フジモトです。

先ほど「トランプ政権はNAFTA協議で対米輸出用にカナダとメキシコで製造された車両に関する要求を取り下げた」との報道があり、カナダドル買いが加速していますね。春分の日の祝日かつFOMC前ということで小動きを覚悟していましたが、思わぬところからネタが出てきました。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

いよいよFOMC

こんばんは、Dice-Kです。

為替市場はリスク・オンの動きですね。ドル円は米金利の上昇と株高を支えに109.285円まで上げてきました。さて、ここからの注目は4時に発表されるFOMCの金融政策。政策金利の据え置きは決定的ですが、声明文でやや上方修正が見られるのではとの思惑が広がっています。

On a 12-month basis, both overall inflation and inflation for items other than food and energy have declined this year and are running below 2 percent. Market-based measures of inflation compensation remain low; survey-based measures of longer-term inflation expectations are little changed, on balance.

上記の文章は前回の声明文の1段落目の後半部分です。太文字部分のインフレの表現が上方修正されるのではと注目されています。
さらに細かいところですと、

Near-term risks to the economic outlook appear roughly balanced, but the Committee is monitoring inflation developments closely.

上記の文章は前回の声明文の2段落目の後半部分です。太文字にしました「roughly balanced」のroughlyが削除されるのではとのことです。「短期的な経済見通しへのリスクはおおむね均衡」から「おおむね」が無くなる可能性があるらしい。。。
いやー、細かいですね。嫌になります。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

ま~たアジアで米金利上昇、イベント控えて

こんにちは、フジモトです。

まさに仲値高値となったドル円ですが、昨日に続きアジア時間からなぜか米長期金利が上昇。つれる形で109.139円まで持ち直していますね。月末前日の今日は米一般教書演説を控えているほか、明日はFOMCの結果も公表されるとあって、米債券市場中心にやらなければならない玉が出ている感じですね。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
最終的な投資判断はお客様ご自身の判断でなさるようお願いします。内容については正確性、信頼性、安全性の確保に努めておりますが、保証するものではありません。この情報に基づくいかなる損害についても株式会社DZHフィナンシャルリサーチは責任を一切負いかねます。すべての情報は、株式会社DZHフィナンシャルリサーチが著作権を有しています。許可なく転用、複製、複写、改変、販売することは重大な法律違反となります。
スポンサードリンク




広告







最新記事
関連ブログ




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

広告
スポンサードリンク




Follow me.



広告









記者紹介




心理学などを駆使した独自の手法で17年間1年もマイナスなく勝ち続けた常勝トレーダー。内外の投資家にも太いパイプを持つ。元東京外為市場委員会委員、東京フォレックスクラブ理事歴任。



1968年長野県生まれ。立命館大学卒業後、米シティバンク・英スタンダードチャータード銀行で十数年間に渡りインターバンクディーラーとして一線で活躍。その後は、証券会社などで外国為替証拠金業務を立ち上げるなど、当業界にも精通している。 2006年8月からはニューヨークからホットな金融情報を提供する。2008年5月よりグローバルインフォの代表取締役社長に就任。



1974年、英国バークレーズ銀行東京支店入行後、同行初の日本人チーフ・ディーラーを勤め、ゴールドマン・サックス証券、英国ミッドランド銀行、香港上海銀行(HSBC)で外国為替部門の要職を歴任。その後はT&Cフイナンシャルリサーチ取締役編集長を務め、2011年8月より、グローバルインフォ(株)取締役に就任。



インプライド・ボラティリティに魅せられたIVです。好きな通貨はNZドルです。



1982年山口県生まれ。九州大学卒業後、FX会社に入社。元外銀ディーラーから為替の基礎を学ぶ。カバーディールや決済業務、情報配信を担当。ディーラー同士のつながりから和田と縁があり、グローバルインフォに記者として入社。



豪ドル円で三振の山を築いた嫌な経験がありますが、それでも豪ドルの魅力には抗えません。オセアニア通貨の良さを伝えていきます。



ニックネームは「越後屋」。福井県出身。為替と体重の動向に注視してます。



にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


為替・FX ブログランキングへ

FX

ブログランキング

【今日の目線/相互リンク受付】


記事検索
  • ライブドアブログ