FXi24 今日の目線!

今井雅人(マット今井)・和田仁志・荻野金男が率いる、FXプロ集団のスーパーリアルコメント!

FX

ドル円、下値堅いが上への仕掛けもまだ見られない

こんにちは。越後屋です。

昨日のNY市場におけるテロ騒動によるアルゴ売り、そして朝方の株式市場前の短期勢売りにもドル円は下値堅く108.60円台での底堅い動きとなっています。何らかの売り材料で仕掛けはするものの、先週以降返り討ちにあうという展開が続いています。こうなってくると売り方も諦めていったんまとまったショートカバーという流れも想定されますが、それもなかなか起こらない。ドル円お得意のレンジ相場が続いています。早く、どちらかに抜けてくれないと始まらない。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

東京市場ではここまでか

こんにちは。越後屋です。

週明け早朝こそ、米・メキシコの移民対策を巡る合意で買われて始まったドル円と日経平均。その後はやや利食い売りに押されながらも底堅い動きが続いています。

米・メキシコ間の合意については、すでに両者ともに合意しているところを再度確認したに過ぎないなどの指摘もありますが、とりあえずは関税を防げたとしてリスク・オフの巻き戻し。とはいっても、東京市場ではどうしようもないので、欧州勢そしてNY勢に相場を動かしていただきましょう。個人的には先週の米雇用指標の悪化でショートがしこってしまっているんじゃないかと勘ぐりたくなります。




FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

低調な米雇用統計でドル売り再開

こんばんは。越後屋です。

米雇用統計、久々に月1のビッグイベントとなりました。結果は全くよくない内容で、ADPを裏付けることになりました。素直にドル売りで反応し、ドル円は107.80円台、ユーロドルは1.1320ドル台とドル急落となっています。これは仕方ないですね。ADPのようにここから反転したら、、、ないでしょうけどもうわけがわかりませんね。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

米、メキシコ輸入品への関税適用先送り検討←事情に詳しい関係者

こんばんは、IVです。

事情に詳しい関係者の話として「米国はメキシコ輸入品への関税適用先送り検討」との報道が伝わると、米国とメキシコの貿易摩擦への警戒感が後退し、ダウ平均が240ドル超上昇。ドル円にも買いが入り一時108.54円と日通し高値を付けています。

これが本当ならトランプ大統領の発言が本当にただの脅しだったワケで・・・。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

ECB、利上げ後ずれも裏を返せば

こんばんは。越後屋です。

ECBが金融政策を発表しました。金利は据え置き、声明では金利据え置き期間をこれまでの「2019年末」から「2020年上半期」に延長しました。これに最初はユーロ売りで反応するも、この景気状況なので利下げの観測も高まっていたこともあり、利下げなしとの判断からユーロ反発となっています。




FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

ドル円、引き続き

こんにちは。越後屋です。

ドル円は様々なニュースに行ったり来たりの慌しい展開となっています。メキシコとの決裂ネタが伝わりましたが、とりあえず108円はキープしているといったところ。昨日の動きを見てしまうと、突っ込み売りはどうしても避けたいという気持ちからやはり押し目を狙うほうが精神的には楽なのかなという印象です。上も限定的なんですがね。一度大きな動きにならないかな。淡い期待か・・・




FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式

朝から地球の裏側の騒ぎに振り回されるの巻

こんにちは、Dice-Kです。

ドル円は朝方からメキシコ絡みの報道に振り回されましたね。「米国・メキシコの協議は決裂、終了」でリスクオフ→「協議は6日に再開、明日の継続協議について楽観視」などのコメントでリスクオンとなりました。この問題については正直蓋を開けてみるまで分からない状態です。
とはいえ、我々が取るべき戦略は
①どちらの結果になってもいいようなポジションの構築を目指す
②ノーポジで待ち構え、結果が出てから迅速に勝負する
③丁半博打でどっちかに賭ける
しかないような気がします。
ちなみに私はいったん決裂するような気がします(少なくとも6月10日の関税は回避できず)。米国と北朝鮮、米国と中国の協議でもそうでしたが、いずれまとまるだろうという「何となく感」は危険です。大体、政治家とレース前の調教師は大抵楽観的なコメントを出すものですが、経験上信じるとろくな目にあってませんから。



FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
DZHフィナンシャルリサーチ 今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式
最終的な投資判断はお客様ご自身の判断でなさるようお願いします。内容については正確性、信頼性、安全性の確保に努めておりますが、保証するものではありません。この情報に基づくいかなる損害についても株式会社DZHフィナンシャルリサーチは責任を一切負いかねます。すべての情報は、株式会社DZHフィナンシャルリサーチが著作権を有しています。許可なく転用、複製、複写、改変、販売することは重大な法律違反となります。
スポンサードリンク




広告







関連ブログ




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

広告
スポンサードリンク




Follow me.



広告









記者紹介




心理学などを駆使した独自の手法で17年間1年もマイナスなく勝ち続けた常勝トレーダー。内外の投資家にも太いパイプを持つ。元東京外為市場委員会委員、東京フォレックスクラブ理事歴任。



1968年長野県生まれ。立命館大学卒業後、米シティバンク・英スタンダードチャータード銀行で十数年間に渡りインターバンクディーラーとして一線で活躍。その後は、証券会社などで外国為替証拠金業務を立ち上げるなど、当業界にも精通している。 2006年8月からはニューヨークからホットな金融情報を提供する。2008年5月よりグローバルインフォの代表取締役社長に就任。



1974年、英国バークレーズ銀行東京支店入行後、同行初の日本人チーフ・ディーラーを勤め、ゴールドマン・サックス証券、英国ミッドランド銀行、香港上海銀行(HSBC)で外国為替部門の要職を歴任。その後はT&Cフイナンシャルリサーチ取締役編集長を務め、2011年8月より、グローバルインフォ(株)取締役に就任。



インプライド・ボラティリティに魅せられたIVです。好きな通貨はNZドルです。



1982年山口県生まれ。九州大学卒業後、FX会社に入社。元外銀ディーラーから為替の基礎を学ぶ。カバーディールや決済業務、情報配信を担当。ディーラー同士のつながりから和田と縁があり、グローバルインフォに記者として入社。



豪ドル円で三振の山を築いた嫌な経験がありますが、それでも豪ドルの魅力には抗えません。オセアニア通貨の良さを伝えていきます。



ニックネームは「越後屋」。福井県出身。為替と体重の動向に注視してます。



にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


為替・FX ブログランキングへ

FX

ブログランキング

【今日の目線/相互リンク受付】


記事検索
  • ライブドアブログ