GI24 今日の目線!

今井雅人(マット今井)・和田仁志・荻野金男が率いる、FXプロ集団のスーパーリアルコメント!

GDP

下げ止まりの見えない南アランド、内外ともに悪材料続く

こんにちは、フジモトです。

南アフリカランドの下げ止まりが見えない状況が続いています。5日発表の1-3月期南ア国内総生産(GDP)が9年ぶりの低水準となった影響が残るなか、14日には南ア国営電力会社エスコムが賃上げを巡る労組との対立を受け、2005年以来の計画停電を実施しました。また、15日には南ア政府が鉱業憲章の改正案を発表。鉱業権保有会社の黒人株主比率について「1年以内に26%」から「5年以内に30%。取締役の50%以上を黒人、そのうち20%以上を黒人女性」に修正したが、投資家や業界団体から反対の声が上がっています。米中貿易摩擦への懸念や米金利先高観が新興国通貨安につながるなか、トルコやインド、インドネシア、アルゼンチンなど新興国の中銀が通貨安防衛に走ったものの、南ア準備銀行(SARB)が事態を静観していることもランド売りに拍車を掛けているようです。

格付け会社フィッチが15日、南アの格付け「BB+」を確認し、見通しを「安定的」とすると発表するとランド売りにいったん歯止めが掛かりましたが、週明け18日はランド売りが再開。19日にはトランプ米大統領が2000億ドルの追加対中関税の検討を指示したことで、ランド円は7.88円と昨年11月27日以来の安値を付けました。昨年11月13日の安値7.77円まで目立ったサポートが見当たらないなか、20日に5月南ア消費者物価指数(CPI)、21日に1-3月期南ア経常収支が予定されていますが、24日にはトルコ大統領選と総選挙を控えています。新興国通貨やランドへの逆風はしばらく続くと見ておいたほうがよさそうです。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

米年内利上げ回数4回に増加!毎回会見も表明でドル↑↑

こんばんは、フジモトです。

注目のFOMCでは年内利上げ回数が3回から4回に増加、GDP・インフレ見通しや景気認識が上方修正という満額回答。また、パウエルFRB議長が定例記者会見で「来年1月から毎回会見する」と表明したことでドル円は110.85円まで急伸しました。また、ユーロドルも1.1726ドルまで下落とドル高が加速しました、取り急ぎ。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

南アランド、もはや通貨安防衛策催促相場に

こんばんは、フジモトです。

しかし、南アランドの下げがきついですね。トルコやインド、インドネシア、ブラジル、アルゼンチンは利上げや介入など通貨安防衛策がとられたものの、GDPが9年ぶり低水準というフレッシュなニュースがある南アランドは通貨安防衛策も取られておらず、恰好の売り通貨となってしまいました。もはや防衛策催促相場にもなってきてますね。ランド円はチャート的にも目立ったサポートが見えませんし、まずは下げ止まりを確認しないとどうにもならない感じです。

bond2



FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

9年ぶり低水準の南アGDP受けラマフォリア後退、実体経済の強さ問われることに(2)

こんばんは、フジモトです。

一方で、南アフリカ商工会議所(SACCI)が発表する企業景況感は、ラマポーザ大統領への期待から1月に99.7まで上昇しましたが、4月は96.0と大統領就任前の水準まで低下しています。1-3月期GDPの低調な結果も受けて、市場では「ラマフォリア(ラマポーザ大統領がもたらすユーフォリア(多幸感))が後退した」「ズマ前大統領の10年間の負の遺産から回復するには時間がかかる」との指摘もあり、5日のドルランドは12.8934ランドと5月21日以来のドル高・ランド安水準を付けたほか、ランド円も8.56円まで下落しました。

米金利上昇や米保護貿易主義を嫌気した新興国通貨安が目立つなか、「ラマフォリア プレミアム(他のものより価値があること)」から比較的底堅く推移していたランドですが、今後は実体経済の強さが問われることになりそうです。まずは本日18時30分に発表される5月企業景況感に注目したいところです。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

9年ぶり低水準の南アGDP受けラマフォリア後退、実体経済の強さ問われることに(1)

こんにちは、フジモトです。

南アフリカ統計局が5日発表した1-3月期の南アフリカ国内総生産(GDP)は前期比年率2.2%減と市場予想の0.5%減を大きく下回りました。内訳では、金融や不動産、企業サービス、政府などがプラスに寄与したものの、農業が0.7%、鉱業が0.8%、製造業が0.8%押し下げて9年ぶりの低水準となりました。また、前年同期比も0.8%増と市場予想の1.9%増を下回っています。

南アフリカ準備銀行(中央銀行、SARB)が5月24日、6.50%の政策金利据え置きとともに発表した声明では「鉱業や製造業のマイナス成長を受けて第1四半期のGDPは縮小する可能性があるが、2018年のGDP見通しを前年同期比1.7%増に据え置き、2019年を1.5%増から1.7%増に上方修正、2020年を2.0%増に据え置く」「景気先行指標の継続的な上昇が経済の上向きの勢いを裏付ける」などの見解が示されていました。

SARBが指摘する景気先行指標は、5月22日発表の3月分が107.4となり、約7年ぶりの高水準となった2月の108.3からは低下したものの、高水準を維持しています。9年ぶりの低水準となった1-3月期GDPとのかい離が目立っていますが、SARBの見通しに沿えば4-6月期以降のGDPが大きく反発する可能性もありそうです。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

ブラジル景気、回復基調続く GDPは前年同期比でもプラス成長へ

こんばんは。越後屋です。

ブラジルの経済成長に回復基調が目立ち始めています。1日に発表された4-6月期のブラジル国内総生産(GDP)は前年同期比で0.3%増と2014年1-3月期以来、約3年ぶりにプラス成長となったほか、前期比も2期連続でプラス成長を維持しました。メイレレス財務相はこの結果を受けた後の会見で「経済回復は今後数カ月続くだろう」との見解を示しました。また、同日に発表された8月貿易収支も同月としては1989年の統計開始以降、最高の黒字額となっています。内訳としては、大豆や自動車などの伸びが著しかったですね。これら好指標を受けてブラジルの代表的な株式指数であるボベスパ指数は2010年11月9日以来の高値を付けました。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン

インドGDP、大きく鈍化も一時的との見方多い

こんばんは。越後屋です。

31日に発表された4-6月期のインド国内総生産(GDP)は前年同期比で5.7%増と市場予想の6.5%増を大きく下回り、2014年1-3月期以来の低い伸び率となりました。ただ、今回の成長率鈍化は一時的と見る向きが多いですね。7月から州ごとに異なる間接税を一本化する物品サービス税(GST)が開始されましたが、実効税率が下がるとの思惑から導入前の4-6月期には買い控えする消費者が多くいたため、今後の消費回復への期待感は高いと。また、6月消費者物価指数(CPI)が統計以来最低の1.46%上昇となったことを受けて、2日にはインド中銀が追加利下げを行ったことも経済成長には追い風となりそうですね。

なお、14日に発表された直近のCPIは前年比で2.36%上昇と中銀のインフレ率見通し2-3.5%に戻してきており、今後もインフレの持ち直しが続くかどうかに注目したいところです。


FX(為替)を中心に株・債券などもフォローしている総合金融情報サイト
グローバルインフォ今日の目線!Facebook / Twitter
マット今井の勝利の方程式メールマガジン
最終的な投資判断はお客様ご自身の判断でなさるようお願いします。内容については正確性、信頼性、安全性の確保に努めておりますが、保証するものではありません。この情報に基づくいかなる損害についてもグローバルインフォ株式会社は責任を一切負いかねます。すべての情報は、グローバルインフォ株式会社が著作権を有しています。許可なく転用、複製、複写、改変、販売することは重大な法律違反となります。
スポンサードリンク




広告







関連ブログ




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

広告
スポンサードリンク




Follow me.



広告









記者紹介




心理学などを駆使した独自の手法で17年間1年もマイナスなく勝ち続けた常勝トレーダー。内外の投資家にも太いパイプを持つ。元東京外為市場委員会委員、東京フォレックスクラブ理事歴任。



1968年長野県生まれ。立命館大学卒業後、米シティバンク・英スタンダードチャータード銀行で十数年間に渡りインターバンクディーラーとして一線で活躍。その後は、証券会社などで外国為替証拠金業務を立ち上げるなど、当業界にも精通している。 2006年8月からはニューヨークからホットな金融情報を提供する。2008年5月よりグローバルインフォの代表取締役社長に就任。



1974年、英国バークレーズ銀行東京支店入行後、同行初の日本人チーフ・ディーラーを勤め、ゴールドマン・サックス証券、英国ミッドランド銀行、香港上海銀行(HSBC)で外国為替部門の要職を歴任。その後はT&Cフイナンシャルリサーチ取締役編集長を務め、2011年8月より、グローバルインフォ(株)取締役に就任。



インプライド・ボラティリティに魅せられたIVです。好きな通貨はNZドルです。



1982年山口県生まれ。九州大学卒業後、FX会社に入社。元外銀ディーラーから為替の基礎を学ぶ。カバーディールや決済業務、情報配信を担当。ディーラー同士のつながりから和田と縁があり、グローバルインフォに記者として入社。



豪ドル円で三振の山を築いた嫌な経験がありますが、それでも豪ドルの魅力には抗えません。オセアニア通貨の良さを伝えていきます。



ニックネームは「越後屋」。福井県出身。為替と体重の動向に注視してます。



にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


為替・FX ブログランキングへ

FX

ブログランキング

【今日の目線/相互リンク受付】


記事検索
  • ライブドアブログ